トレード

マーケティングFX【検証・評価】【後編】トレード手法以外に必要なこと

マーケティングFXの検証記事【前編】では、マーケティングFXが言うFXで勝つためのポイント7つの内の3つについて、その詳細とマニュアル内容についてご紹介しました。 この記事の【後編】では、残り4つについて詳細とマニュアル内容をご紹介します。 マーケティングFXの検証・関連記事: マーケティングFX【検証・評価】【前編】確かな手法と遂行するためのシステム マーケティングFXで出来るようになる5つのポ […]

マーケティングFX【検証・評価】【前編】確かな手法と遂行するためのシステム

この記事では、マーケティングFXの検証と評価を行います。 マーケティングFX関連記事: マーケティングFXで出来るようになる5つのポイント マーケティングFX【検証・評価】【後編】トレード手法以外に必要なこと マーケティングFXは、MT4専用のシグナルツールが付いたFX商材です。しかしながら、単純にシグナルツールとそのマニュアルだけという商品ではなく、マーケティングFXではFXをビジネスと捉え、シ […]

クラウドファンディングでAIを活用した株価や仮想通貨の予想システムの開発

AIを活用した株価や仮想通貨の予想システムの開発資金をクラウドファンディングで調達 人工知能(AI)開発のベンチャー企業のファントムエーアイ(東京・渋谷)が、AIを活用した株価や仮想通貨の予想システムの開発に乗り出します。 開発資金の調達は、出資の見返りに未公開株を渡す株式型クラウドファンディング。 株式型クラウドファンディングは、2015年に改正金融商品取引法で解禁されました。 調達額が年1億円 […]

結局バイナリーオプションは流行らなかったのか?廃れたのか?

バイナリーオプションの過去から現在 バイナリーオプションは、すぐに結果が出る、当たれば掛け金が倍になる、上がるか下がるかの2択という単純明解なルールであったということもあり、国内のFX会社が扱い始めるとバイナリーオプションを行うという方が急激に増加しました。 しかし、丁半博打のような取引方法はギャンブル性が高いとの意見もも多々あり、早い段階で規制が掛けられる事態となりました。 特に「1分決済」、「 […]

AI(人口知能)が搭載されたFXインジケーター

昨今AI(人口知能)を活用したトレードが注目されています。 この記事では、AI(人口知能)を活用したトレード方法、AIを搭載したFX専用インジケータをご紹介します。 AI(人口知能)トレードはFXトレードの主流となるか? これまで主流であったシステムトレードは、予めプログラムがセッティングされているというものでした。つまり、良くも悪くもプログラム通りに動くというものです。 感情や思惑、欲望等で左右 […]

1億5千万相当の金塊を盗んだ造幣局元職員に懲役5年の判決

造幣局元職員が金塊やメダルなど計約1億5千万円相当を盗んだ 福岡の銀行で3億円を下ろした直後に襲われ、現金を奪われた事件は記憶に新しいところです。 仕事の取引で使うために引き出したとのことですが、なぜ、それほど多額の現金を持ち歩くのか?と思われた方も多いと思います。 仕事の取引とは、金塊の買い付けということです。ニュース番組でも専門家の話としても紹介されていましたが、金塊は相場が変動するため、今の […]

秒速スキャルFX(FX-KATSU)【検証・評価】再現性は低く成績は裁量スキルに左右される

今回の記事では、「秒速スキャルFX」の検証と評価をおこないます。秒速スキャルFXは、販売会社でもある一般社団法人 日本投資家育成機構のスタッフ兼トレーダー、鈴木克住(FX-Katsu)氏の商材となります。 初めて「一般社団法人 日本投資家育成機構」と聞くと、国家レベルの機構であったり、優良な機関に感じる方もおられるでしょうし、秒速スキャルFXはそういったところが販売する商材だから、信用性の高いもの […]

4DFXに優位性と価値はあるのか考えてみた

現在のところFX商材の中で1番注目されている4DFX。当サイトでも、4DFX錬金スキャルロジック【検証・評価】という記事でレビューしていますが、今回はその相場に対しての優位性について考えたいと思います。 https://www.freestyle2.net/4dfx-review-10648.html 当サイトから4DFXをご購入いただきますと、通常のオリジナル特典に加え、『これで高勝率 […]

トレーダーはリスクラバー的な資質があるのか?

リスクラバーとは、リスク愛好家という言われ方もしますが、『リスクを好む』ような方の事を言います。 FXやバイナリーオプションや投資全般に言えることですが、リスク無しにリターンを得られることはありませんので、私たちトレーダーはリスクを自ら積極的に取りに行っていることになります。 しかし、リスクを取る行為が決してリスクラバーではなく、投資においてリターンを得るためにリスクを負うことは当然のことであって […]