プラチナターボFXでバイナリーオプション

プラチナターボFXでバイナリーオプション

当サイトでも検証をしておりますPLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)ですが、バイナリーオプションでも使えるのではないか?との思いから、検索されている方が多いようですので、活用方法について記事にします。

少しでも参考になれば幸いです。

※1 プラチナターボFXが改良され、プラチナターボFX2として販売開始されました。

当サイトの検証記事は、プラチナターボFX2【検証・評価】精度の高いシグナルツールとそれを活かす裁量手法をご覧ください。

※2 TURBO FXシリーズの著者である石塚氏の最新FX商材【FX Realize(FXリアライズ)】をリリースされました。TURBO FXシリーズは、トレンド方向への押し目・戻りを確認してからエントリーをするのに対して、新作FX Realizeは押し目・戻りになる確率が高い場面で先立って仕掛けを行います。その為、より大きな利益を見込める内容となっています。

当サイトのFXリアライズの検証・評価記事、コンテンツ内容については下記よりご確認ください。

FXリアライズ【検証・評価】実績のある石塚氏の期待の新作

FXリアライズのコンテンツ内容を詳しく紹介します

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)の特徴

本題の前に、PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)の特徴をおさらいしましょう。

▶︎推奨通過ペア:USドル/日本円(USD/JPY)他にもポンド/USドル(GBP/USD)、ユーロ/USドル(EUR/USD)、ポンド/日本円(GBP/JPY)、ユーロ/日本円(EUR/JPY)にも対応

▶︎ロジック:トレンドフォローの順張り

▶︎システム:シグナル表示ツール

▶︎時間足:1分足、5分足

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)は、シグナル点灯ツールとして紹介されていることが多いですが、販売者の思惑は、メインとして優位性のあるロジックでの裁量トレードを学ぶこと、そしてその補助としてシグナル点灯ツールを提供されています。

その為、裁量を習得し切れていない方のためにトレードのタイミングをシグナルで知らせることで、早い段階からトレードを実践しながらスキルを習得することが可能となっています。

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)は異例のロジック公開

また、こういったツール系システムは基本ロジックはブラックボックスで公開されていません。

ロジックがわからないと、もしそのシステムの負けが混んで来た時に、何故勝てないのか?こう言った相場の時は、トレードを避けるべき、こう言ったフィルターを掛ければ、トレードの確度が向上する等々の検証が行えず、ただ使えないだけのシステムとなってしまいます。

PLATINUM TURBO FX(プラチナムターボFX)は、裁量を加えてより精度を高める為にも販売者のメシの種とも言えるロジックを公開されています。

ですから、ユーザーは様々な角度から検証が行えますし、スキルの向上にも役立ちますので、それこそバイナリーオプションに応用させるということも可能だと思います。

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)はバイナリーオプションに活用できるか?

プラチナムターボFX バイナリーオプション

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)は、FX用に開発されたシグナル表示ツールですが、使用する時間足が1分と5分足ということで、バイナリーオプションに活用できないか?と思われる方が多いようです。

当サイトにも、『PLATINUM TURBO FX バイナリーオプション』といったキーワードで訪問いただくことが多いので、多くの方が情報をお求めのようです。

そこで、PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)をバイナリーオプションにうまく活用する方法を考えました。

シグナルをトレンド発生と捉える

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)は、順張りのトレンドフォローですから、バイナリーオプションでも矢印方向へのエントリーを基本とします。

シグナル発生でエントリーするのではなく、シグナル発生をトレードチャンスとし、その中でフィルターを掛け、確度の高いエントリーポイントを探ります。

例えば、シグナルが発生した時に、サポートラインとレジスタンスラインを引きます。

シグナル方向へのエントリーが基本ですから、サポートラインにタッチでエントリー、他は見送りと言ったトレードが良いでしょう。

つまり、トレンド中の押し目、戻りを狙うというものです。

レジスタンスラインにタッチで逆張りという考えもあるかもしれませんが、シグナル表示=トレンド発生と考えると、高値の切り上げ、安値の切り下げが考えられますので、シグナル方向へのエントリーが良いと思います。

しかし、レジスタンスラインで反発される可能性もありますので、無理にエントリーせずに、サポートラインタッチのみの場合のエントリーに絞った方が確実性は増すと思います。

勝ちを重ねるには仮定と検証の繰り返しである

あくまでこれは、PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)をバイナリーオプションに活用する一つの例として捉えて下さい。

しかし、FXであってもバイナリーオプションに関しても、仮定と検証を繰り返すことで一つの手法が生まれるものだと思います。

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)をバイナリーオプションで活用できないか?と思うのは、その第一歩であり、そういった発想が次に繋がるものだと思いますし、実際に相場の世界で勝つ方というのは、一つの発想から展開して行き、オリジナルの手法を身に付ける方も多くおられます。

検証した結果、その手法がもし相場に対して優位性がなかったとしても、それは決して失敗ではなく、一つの仮定を消去できたという成功でもあります。

是非、そういったあなたの発想を大切にし、検証を繰り返し、利益に繋げていただければと思います。

▶︎▶︎当サイトオリジナル特典付きでPLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)を購入する

当サイトオリジナル特典について

当サイトのリンクを通じてご紹介している商材をご購入された方には、以下のオリジナル特典を全て無料にてで提供させていただきます。

オリジナル特典の詳細については、こちらをご覧ください。

Meta Trader4専用インジケーター

特典イメージ1

特典イメージ2

特典イメージ3

FXオンラインセミナー特別招待券

v7kqYzrUdS3tkpc1421418805_1421418968

プラチナターボFX 関連記事

プラチナターボFX2【検証・評価】精度の高いシグナルツールとそれを活かす裁量手法

FXリアライズ【検証・評価】実績のある石塚氏の期待の新作

プラチナクベーラFX【検証・評価】