GFF氏の手法とは?10万円を6億にした伝説のトレーダー

GFF氏の手法とは?10万円を6億にした伝説のトレーダー

あなたは、 GFF 氏(グフフ)というトレーダーをご存知ですか??生きる伝説の人物です。

GFF氏のトレード手法の詳細は公開されていませんが、生放送されていたことからもおおよその予測は付きます。

この記事では、GFF氏のトレード手法についてご紹介します。

GFF 氏は10万円をわずか3ヶ月で6億円にした伝説のトレーダー

なぜGFF氏が伝説と言われるかということですが、10万円をたった3ヶ月で6億円にまで増やし、その後3億円を損切り、最終的には資金を30万円まで溶かしたというトレーダーです。

詐欺的なFX情報商材の販売ページにも到底書けないような嘘のようで本当の話。

実は、このGFF氏のトレードは、全てニコニコ生放送で、しかもリアルタイムで流されていたのです。

もちろん、3億円のロスカットも含めてです。

見ていた方も、胸の高鳴りが抑えられなかったでしょうね。

GFF氏の驚異的な資産推移

  • スタートは、2010年5月中旬/わずか10万円。
  • 2010年6月/4000万円
  • 2010年6月末/2億4000万円
  • 2010年7月初/3億2800万円、含み益込みで6億円に到達
  • 2010年7月9日/4億5300万円
  • 2010年7月14日/3億円ロスカット
  • 2010年9月上/1億円
  • さらに、資産を減らし、最終的には残金30万円

このようなGFF氏の資産推移です。

GFF 氏のトレード手法とは?

10万円をわずか3ヶ月で6億円に増やした、GFF氏の手法というのは、注目されています。

ですが、GFF氏自体が多くを語っていない為、正確な手法や詳細の全ては明かされていません。わかっている範囲でご紹介します。

GFF氏の手法その1:RSIにトレンドライン

GFF氏の代表的なトレード手法は、RSIにトレンドラインを引く手法です。

RSI(Relative Strength index)とは、日本語に訳すと「相対力指数」と呼ばれ、「相対的に今の相場は強弱どちらに傾いているのか?」を表した指標です。一般的に良く使われる例としては、RSIが25~20を割り込んで転換すると買いサイン、70~80を上に抜けて転換すると売りサインと言われています。

GFF氏は、1時間足、4時間足と比較的長い時間軸にRSIを表示させ、トレンドラインを引き、トレンドラインを上抜けすると買い、下抜けすると売りといったラインブレイク手法でトレードしていたようです。

GFF氏の手法その2:窓埋め ギャップ狙い

GFF氏のトレード手法の2つ目は窓埋め(ギャップ)狙いです。

窓埋め狙いについてご説明する前に、下記画像をご覧下さい。

GFF 手法 窓埋めギャップ

黄色の円の部分が窓(ギャップ)と言われる部分です。

この窓は、特に週明けの急激な為替変動によって生まれやすいのですが、高確率でこの窓を埋める様に進んで行きます。

画像でもその窓を埋めるように相場が展開している様子がご確認できると思います。

シンプルな手法でありながら立派な戦術の一つで、アメリカではかなりメジャーなトレード手法として確立されているようです。

有名な海外のFXフォーラムであるFOREX FACTORYでも様々なスレッドが立てられ、熱心に議論されています。

gap teade
Forex Factory

GFF氏は手法の一つとして、「窓は閉じる」という習性を利用したトレードも行なっていたようです。

当サイト記事【窓埋め(ギャップ)を狙うトレード手法】でも紹介しています。

GFF氏の手法その3:為替ストラテジストの見解を参考

ストラテジストとは、直訳すると戦略家という意味です。為替ストラテジストとは、為替の戦略家ということですね。

アナリストの分析を元にして、相場に関するアイデア、戦略を考えるプロで、投資信託のファンドマネージャーに情報を提供することもある程の実力です。

GFF氏は、その為替ストラテジストである吉田恒さん、川合美智子さんの情報を随時調べ、その日の戦略を立てていたそうです。

吉田恒さんが提供するスペシャルレポート

川合美智子さんオフィシャルサイト

このように、GFF氏のトレード手法というのは、決して特別なものではありません。RSIのトレンドラインのブレイク、窓埋めという相場の習性を利用した手法は、オーソドックスです。

さらに、アナリストと見解を調べて戦略を練るという徹底ようで、手堅いトレード手法であった事がわかります。

しかし、この手法だけで10万円を僅か3ヶ月で6億円に増やすことは不可能です。

その裏で「禁断」とも言える手法も取り入れていました。

手堅い手法の裏でハイレバと損切り

比較的堅実とも言えるGFF氏のトレード手法ですが、その裏で「禁断」とも言える手法も取り入れていました。

それが、ハイレバと損切りをしないという事です。

実際にGFF氏はあるインタビューでハイレバトレードであったこと、そしていつしか運に頼って損切りをしなくなったことを語られています。

目標10億円!到達のためにハイレバトレードは必須だった!?

GFF氏がここまで短時間で資金を増加させることができた背景には、ハイレバでのトレードであったとインタビューの中で語っています。

資産を10億円に増やし、マンションを一棟購入して馬主になるという目標があったようです。

一応10億円って区切りはありました。それ以上は望んでなかったというか大きすぎるんで。その後はマンションを1棟でも買って馬主になってみたかった。

10万円を6億円にした為替トレーダーGFF氏インタビュー【ガジェット通信】

あと2回の勝ちで届いたということで、自分の人生が大きく変わったはずだと言われています。

ハイレバトレードの背景には、高い目標金額の設定があり、短時間で達成させようとしたことの他にも、トレードの生放送によって多少なりとも無茶なトレードをしたと語られています。

あと放送やってなかったら無茶はしてなかったかな、という気持ちも少しあります。

10万円を6億円にした為替トレーダーGFF氏インタビュー【ガジェット通信】

運任せでロスカットをしなくなった

これもGFF氏がインタビューの中で語られていますが、ロスカットをしなくなった理由として、実は3億円のロスカットの前のトレードで1億円程の含み損からプラスに転じた経験があったようです。

その経験が今回も行けるだろうという気持ちと更にわずかな期間で資産を6億円にまで増やした自身の運に賭けたようです。

3億円ロスカット(損切り)の1つ前のトレードで、最大1億円近いマイナスからプラスに持っていったトレードがあったんですよね。それで今回もいけるだろうという気持ちもあったし2か月で6億までいった運に賭けようという気持ちもあった。

10万円を6億円にした為替トレーダーGFF氏インタビュー【ガジェット通信】

結果的には3億円のロスカットとなってしまいました。

ファンダメンタルとテクニカル

GFF氏の手法を見ると、奇をてらったような手法ではなく、オーソドックスな方法であった事が分かります。

RSIのトレンドライン、窓埋めはテクニカルな部分ですが、為替ストラテジストの情報を元に戦略をたてるファンダメンタルな部分の分析をしっかりとされていたからこそ、テクニックが活きてくるものだと感じました。

その手法に当時の相場がマッチし、GFF氏は10万円を6億円にまで増やすことができたのでしょう。

もちろん運も味方したのは間違いありませんが、運だけでここまで辿り着けるものでもありません。

結果的に、30万円まで資産を減らす形となりました。そのことについての捉え方は人それぞれだと思いますが、GFF氏が私たちに与えた何らかの影響は計り知れないものでは無いでしょうか?