フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)【検証・評価】

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)【検証・評価】

この記事では、フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)の詳細についてお伝えします。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)は、

  • 難しい知識の詰め込み
  • 時間を掛けた相場分析

これらが不要とされています。

ロジックの開発者は天才トレーダーと称される脇田輝明氏、販売はクロスリテイリング株式会社が手掛けています。

天才トレーダーと称される脇田氏について、正直私は知りませんでした。特にSNSやメディア等で情報発信をされている様子はありません。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)商品情報

フェニックス・トレンドFX 商品情報

フェニックス・トレンドFX イメージ画

商品名:フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)

販売者:クロスリテイリング株式会社

所在地:東京都墨田区錦糸町

責任者:松野  有希

ロジック開発者:脇田輝明

販売日:2020/2020

公式サイト:https://wkt-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html (当サイトオリジナル特典付き)

トレード手法の概要

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のトレード手法は、エリオット波動とグランビルの法則をベースにタイミングを図って仕掛けます。

通常のチャートでは、エリオット波動やグランビルの法則は経験やスキルが必要になります。

何より個人によって捉え方が異なってきますが、フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)では、オリジナルツールが視覚的に捉えやすいように示し出します。

これにより、特別な分析やエリオット波動、グランビルの法則に合致するチャートを見つける手間が省かれ、より再現性が高くなっています。

詳細については、後半で詳しく説明しますが、概要は以下の通り。

トレードスタイル:スキャルピング〜デイトレード

ロジック:順張りトレンドフォロー

ベースロジック:エリオット波動・グランビルの法則

執行時間足:5分〜1時間足

オリジナルツール:有り

著者 脇田輝明氏について

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)の著者である脇田輝明氏は、下記のような人物です。

冒頭でも述べた通り、私はこの方を存じ上げていませんでした。

そこで調べたのですが、まったく情報は得られませんでしたし、知り合いのトレーダーに聞いても「知らないよ」と言う事でした。

「天才トレーダー」と言うのが、自称なのか販売者であるクロスリテイリング株式会社内の評判なのかはわかりませんが、少なくともセミナーの講師であったり、YouTubeやその他SNSで情報を発信されている方ではありませんね。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)はエリオット波動とグランビルの法則の組み合わせロジック

フェニックス・トレンドFX エリオット波動とグランビルの法則

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX )のロジックは、エリオット波動をベースに、トレンドを捉えに行きます。

エリオット波動は、相場の波のリズムを捉えるトレード手法で、投資家心理を考えると利にかなった法則と言えます。

そのエリオット波動ですが、フェニックス、トレンドFXでは第5波を狙うのですが、通常は第3波を狙うように言われています。

これは、投資家心理から第3波に注文が集中し易くなるためです。

ですが、フェニックス・トレンドFX(Phoenix、Trend FX)の公式サイトでも言われているように、第3波を狙ってエントリーしたのに、実はトレンドが終焉を迎えていた…と言う事が多々あります。

フェニックス・トレンドFX エリオット波動

上記のようにうまく第3波を捉える事ができる時もあれば…

フェニックス・トレンドFX エリオット波動2

上記のようにトレンドが終焉して伸びない時もあります。

こうした騙しがあったり、結局はチャートが完成しないと結果は分からないといったところから、「エリオット波動は芸術だ」「後付け理論だ」と揶揄された言われ方をします。

しかしながら、エリオット波動はフェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)でも言われているように、100年近くも継がれて現代にも残る分析法の一つです。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)は、そのエリオット波動に相場分析の活路を見出し、ベースロジックとして採用されています。

しかも、通常は第3波が狙いどころと言われる中、第4の調整波を経て形成される第5波を狙います。

これは、大きな利益は狙えるが不確実性の高い第3波より”確実性”を重視した結果と言えます。

エリオット波動は、当サイト記事【実践チャート術!あるFX会社の無料講座が素晴らしい件】で取り上げた外為オンラインの実践チャート術の中でも解説されています。

関連記事

実践チャート術!あるFX会社の無料講座が素晴らしい件

外為オンライン実践チャート術【第13回 エリオット波動&GMMA】

グランビルの法則でエリオット波動を補完

エリオット波動のデメリットは、「後付け理論だ」と揶揄されるように、リアル相場で第3波の形成は確認しにくい点、波の定義や解釈、波の捉え方が人によって異なる点にあります。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)では、グランビルの法則を利用して、エリオット波動を補完し、更に精度を高めた手法に仕上げています。

グランビルの法則とは、8つのチャートパターンから今後の相場を予測する分析方法です。

グランビルの法則を取り入れる意義として、大多数が意識するポイントですので、大局の目線を感じながら相場を分析できる事にあります。

つまり、

エリオット波動だけでは、狙うべきチャンスが分かりにくい

グランビルの法則を8つのチャートパターンに当てはめるとトレードチャンスは認識し易いが、相場とマッチしているか分かりにくい

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)では、この弱点を相互補完する為に、2つの手法を組み合わせたロジックを開発したと言えます。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)はエリオット波動の第5波とグランビルの法則3と7の掛け合わせ

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のロジックは、エリオット波動とグランビルの法則の中8つのチャートパターンの中でもでも”3”と”7”の掛け合わせと言えます。

グランビルの法則
グランビルの法則 画像出典:できる!ビットコインFX【グランビルの法則とは?8パターンと200期間の移動平均線を使った見方】

8パターンあるグランビルの法則の中でも、3の買い増し、7の売り乗せをエリオット波動と組み合わせたロジックになっています。

トレードをサポートするオリジナルツール

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)には、トレードをサポートする為のツールが付属しています。

これは、もちろんフェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)用に作製されたツールであり、ロジックをしっかりと落とし込んだものになっています。

その為、特にエリオット波動は、人によって波の見方や解釈が異なり再現性には疑問が付きがちですが、ツールが示し出すことで再現性を高めています。

つまり、このツールを使うことで、誰しもがフェニックス・トレンドFX「Phoenix Trend FX)が提唱するエリオット波動の波を捉える事ができるようになります。

グランビルの法則は、デキるビットコインFX【グランビルの法則とは?200期間の移動平均線を使った見方】で詳しく解説されています。

関連記事
できる!ビットコインFX【グランビルの法則とは?8パターンと200期間の移動平均線を使った見方】

次項よりオリジナルツールについてご紹介します。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のオリジナルツールについて

フェニックス・トレンドFX ツール

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のオリジナルツールは、再現性を高める為に、ロジックが組み込まれています。

ツールは以下の3つで構成されています。

  • パーフェクトE×Gサイン
  • マルチタイムE×Gチェッカー
  • マネジメントE×Gツール

Eはエリオット波動、Gはグランビルの法則を意味します。

パーフェクトE×Gサイン

パーフェクトE×Gサインは、フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)の肝となる、第5波の発生とグランビルの法則の成立を表示する機能を持っています。

具体的には、第3波の終焉を知らせる準備シグナルと第5波の初動を捉える為の本シグナルとなります。

マルチタイムE×Gチェッカー

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)は、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足と幅広い時間軸に対応しています。

ユーザーのトレードスタイルや、トレード可能時間に合わせて臨機応変に対応できるのは嬉しいです。

短い時間軸ならばスキャルピング〜デイトレ、長い時間軸ならばデイトレ〜スイングトレードた狙える利幅も変わって来ます。

マルチタイムE×Gチェッカーは、これら全ての時間軸を監視し、エントリーチャンスを知らせる機能を有しています。

マネジメントE×Gツール

マネジメントE×Gツールは、資金量に合わせたロット数を自動で計算して導く機能があります。

また、決済注文機能もあり、エントリー後はボタン一つでOCO注文を発注。適正な利確と損切りを自動決済してくれます。

トレードは3手順

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)の基本的なトレードは以下の3手順です。

  1. マルチタイムE×Gツールで、準備シグナルが発生している時間軸を見つける
  2. パーフェクトE×Gサインで本シグナルの発生を待つ
  3. マネジメントE×Gツールで決済注文を出す

フェニックス・トレンドFX トレード手順

再現性を求めたマニュアルという事で、多くをツールに頼る手法となっています。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)コンテンツ内容

フェニックス・トレンドFX コンテンツ内容

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)は以下のコンテンツで構成されています。

メインコンテンツ

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のメインコンテンツは以下の内容となっています。

  1. 脇田式 ロジック集中講義
  2. 脇田式 FX集中講義
  3. パーフェクトE×Gサイン
  4. マルチタイムE×Gチェッカー
  5. マネジメントE×Gツール
  6. 究極の3大ツール徹底ガイドブック
  7. 超・実践的リアルトレード動画
  8. 会員限定プレミアムオンラインセミナー
  9. 徹底チャート・トレーニング
  10. 完全フローチャートマニュアル
  11. 特別フォローアップ動画
  12. スペシャルサポートセット

フェニックス・トレンドFX コンテンツ1

フェニックス・トレンドFX コンテンツ2

サブコンテンツ

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のサブコンテンツは以下の内容になっています。

  1. スタートダッシュQ&Aオンラインセミナー
  2. エリオット波動論スペシャル対談動画
  3. 損切りを最小限にするテクニック
  4. エントリーを厳選するトレード極意
  5. 三種の神器インストーラ
  6. Phoenix Trend FX メール講座
  7. Phoenixラジオ

フェニックス・トレンドFX コンテンツ3

フェニックス・トレンドFX コンテンツ4

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)が向く人

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)は以下のような方に向いています。

エリオット波動を学びたい

なかなかエリオット波動の定義に惑わされ、自分自身で波動を見つけられない人には、フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)のツールは便利なものになります。

エリオット波動×グランビルの法則の組み合わせに興味がある

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)に取り入れられているエリオット波動とグランビルの法則の組み合わせは新しいものだと感じます。

それぞれの手法を取り入れることはありますが、あくまで単体で取り入れる事が主流です。組み合わせた時の優位性は不明ですが、化学反応が起きるのか、今後の成績が楽しみです。

決済が自動なのが良い

エントリー後にオリジナルツールの一つであるマネジメントE×Gツールで、簡単に資金量に合わせたOCO注文が出せます。

損切り・利確ポイントが明確な為、予めリスクを想定する事ができます。リスクを想定できれば、例えその通りになったとしても精神的に許容し易いです。

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX) 評価

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX) 評価

フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)に取り入れられているエリオット波動×グランビルの法則の組み合わせは新しいロジックです。

それぞれ優位性は認められている手法ではありますが、一長一短なところがあります。そこを相互補完し、精度を高めています。

意識されるポイントを狙い打つのは、トレードに非常に大切なことです。

ツールが意識される波動の初動をうまく捉えられるかが鍵となりそうです。

エントリーポイント、利確、損切りポイントは明確であり、エントリーはツールによって視覚的に確認できますので、再現性は非常に高いと思います。

フェニックス・トレンドFX 商品情報

フェニックス・トレンドFX イメージ画

商品名:フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)

販売者:クロスリテイリング株式会社

所在地:東京都墨田区錦糸町

責任者:松野  有希

ロジック開発者:脇田輝明

販売日:2020/2020

公式サイト:https://wkt-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html (当サイトオリジナル特典付き)

当サイトオリジナル特典について

当サイトのリンクを通じてご紹介している商材をご購入された方には、以下のオリジナル特典を全て無料にてで提供させていただきます。

オリジナル特典の詳細については、こちらをご覧ください。

Meta Trader4専用インジケーター

特典イメージ1

特典イメージ2

特典イメージ3

FXオンラインセミナー特別招待券

v7kqYzrUdS3tkpc1421418805_1421418968