デザイア(DESIRE)FX自動売買システム【検証・評価】

デザイア(DESIRE)FX自動売買システム【検証・評価】

この記事では、FX自動売買システムのデザイア(DESIRE)の検証と評価を行います。

販売者は株式会社オタケン。元々お笑いタレントをしていた太田賢二さんが運営する会社です。

システム開発者は、某有名大学で博士号を持つ現役教授との事です。

怪しさが先行するデザイア(DESIRE)ですが、検証結果を述べると極めて危険な商材だと判断しました。

その理由についても説明して行きます。

デザイア(DESIRE) 商品情報

FX自動売買デザイア イメージ

商品名:デザイア(DESIRE)

販売者:株式会社オタケン

所在地:東京都千代田区神田佐久間町

責任者:大田 賢二

公式HP: https://desire-system.com

自動売買システムの販売には投資助言・代理業の登録が必要な場合がある

当サイト記事【自動売買システム(EA)の規制について 投資助言・代理業の登録が必要な場合がある】でも触れていますが、デザイア(DESIRE)のような自動売買システムの販売には、”投資助言・代理業”への登録が必要になる場合があります。

これは、”金融商品取引法”と言う法律に関わる事案です。

「登録が必要になる場合がある」と書きましたが、その条件は下記の通りです。

  1. 自動売買システム(EA)を会員制で販売又はレンタルする
  2. 自動売買システム(EA)を販売し、かつ当該システムの更新等の継続的なサービスを行う
  3. 自動売買システム(EA)を販売し、かつ顧客の開設口座の証券会社から利益を授受する。

3.は少し意味が難しいですが、証券会社と当該システムを助言会社等に販売させ、証券会社の口座を開設させるような形にもっていく形態であり、証券会社から手数料等(名目問わず。)を助言会社等が受ける場合仲介・取次業に該当するため、第一種金融商品取引業登録の必要性も有ります。

デザイア(DESIRE)は、2の「自動売買システム(EA)を販売し、かつ当該システムの更新等の継続的なサービスを行う」に該当します。

なぜなら、下記のサポートがある為です。

  • 安心メールサポート
  • 特別LINE @にご招待

デザイア(DESIRE)サポート

デザイア(DESIRE)サポート

更に言えば、デザイア(DESIRE)の設置は販売者にしかできないようになっています。

マニュアル内に書かれている準備(口座開設等)が整うと、販売者に連絡し、あなたの口座のチャート上に自動売買システムを設置するのですが、この仕組みはFX業者から販売者に対してキックバックがある場合に良く利用される手法です。

可能性の範囲ですが、もしそうだとすると

 3. 自動売買システム(EA)を販売し、かつ顧客の開設口座の証券会社から利益を授受する。

に該当する可能性があり、第一種金融商品取引業登録の必要性があります。

デザイア(DESIRE)の販売会社を確認してみると…

デザイア(DESIRE)の販売会社である株式会社オタケンのHPを確認しました。

事業内容は、

  • ソフトウェア及びシステムの企画・開発・販売・保守
  • 電子書籍の企画、製作及び販売代行
  • ホームページ作成代行
  • インターネット集客支援
  • アフィリエイトサイト構築・運営
  • インターネットビジネスに関するコンサルティング
  • 物販

と書かれていますが、デザイア(DESIRE)を販売するにあたって必要な『投資助言・代理業』および『第一種金融商品取引業』への登録はされていません。

つまり、自動売買システムを販売する資格がなく、法律違反にあたる可能性が高いです。

デザイア(DESIRE)の運用成績が公開されている

デザイア(DESIRE)のホームページを見ると、「Strategy Tester Report」と題したデータか見て取れます。

これは、自動売買システムがどのような成果を上げているか確認できるもので、その自動売買システムの優劣を評価する1つの指標となります。

そこから読み取れるデザイア(DESIRE)の中身を見て行きましょう。

DESIRE 自動売買データ

上記は、ホームページで確認できるデザイア(DESIRE)の自動売買のストラテジーデータです。

大切な部分だけピックアップすると、

  • 通貨ペア=USD/JPY(米ドル/円)
  • 期間=1分足(2017/10/09〜2019/09/27)
  • モデリング品質=25%
  • 総利益=89418.26
  • 総損失=23639.26
  • 純益=65788.99
  • プロフィトファクタ=3.78
  • 期待利得=40.45
  • 絶対ドローダウン=4340.87
  • 最大ドローダウン=31330.52(62.13%)
  • 相対ドローダウン=97.50%(25679.08)
  • 勝率=75.77%
  • 負率=24.23%

デザイア(DESIRE)は利益が出ており一見、優秀な自動売買に見えます。

しかし、中身を詳しく見ると極めてリスクが高く危険な自動売買システムだと言えます。

ドローダウンの数値が異様に高い

自動売買システムの優劣を見るにはドローダウンの数値を確認するとわかりやすいです。

絶対ドローダウン、最大ドローダウン、相対ドローダウンの値が大きいほど、極めて危険であり破綻する可能性が高いと言えます。

デザイア(DESIRE)の絶対ドローダウンの数値は、4340.87。これは、初期投資額からの下落幅を表します。

初期投資額が、5,000ドルであることから、90%近い資金を飛ばした履歴があることを表します。

次に最大ドローダウン。これは、最大資産からの下落幅を表し、62.13%となっています。資産の60%以上を飛ばした事になります。

相対ドローダウンは、全取引の最大損失を表します。97.50%となっていて、資金のほとんどを飛ばした経歴があります。

あくまでこれら数字は、過去の履歴であり、この先更新する可能性があります。

トレード中に大きな含み損を抱え、飛ばなかったとは言え、それらが損切りされて多くの資産を失っても、信頼して稼働させる事が可能でしょうか?

私なら到底無理です。

折れ線グラフが意図的に消されている

ストラテジーテスターレポートには、通常折れ線グラフが一緒に表示されています。

これは、資産の推移を表すものです。

しかし、デザイア(DESIRE)の販売ページで提示されているものには、通常グラフがある箇所には、『graph』と文字が表示されているだけです。

これは、私は意図的に削除されているのでは無いかと思っています。

なぜなら、本来資産が順調に右肩上がりであるなら、グラフを掲載することでその推移が視覚的に分かりやすいです。

反面、大きなドローダウンを喰らうと、グラフが急激に凹む部分が表れます。つまり、折れ線グラフは資産推移が良くも悪くもわかりやすいのです。

デザイア(DESIRE)は、先述したように大きなドローダウンを喰らっていますので、それを隠したいのでは無いかと疑っています。

レポートだけ見ると、詳しく無い人はそこまで知らないでしょうし、結果しか見ませんから、そう言った『情弱』を狙った販売手法なのかと思っています。

また、トレードデータがずらっと並んでいますが、大きなレポートにあるドローダウンを喫したトレード記録がありません。

ここも加工して削除している可能性があります。もし、加工していないのであれば、トレード記録とストラテジーテスターレポートの整合性が取れません。

デザイア(DESIRE)はどのような自動売買システムか?

デザイア(DESIRE)の価格は、168,000円(税抜き)と非常に高額です。

先ほど言ったように、ドローダウンの数値が非常に高く危険なシステム、尚且つ必要な資格を有せず販売する会社の商品に、信頼がおけるか?答えはNOです。

ナンピン・マーチンゲール手法

ホームページで確認できるトレード履歴を確認すると、ナンピン・マーチンゲール手法が採用されている自動売買システムである事がわかります。

0.04lotから始まり、最大6lotを超える数量で取引しています。

ナンピン・マーチンゲール手法を否定する訳ではありませんが、ロットを重ねて利益に持って行く方法ですので、時には劇薬になる手法である事も理解しておかなくてはなりません。

ロジックがブラックボックスの自動売買システム(EA)を使い続けることはできますか?

自動売買システムは、感情に左右されず、決められたプログラムに沿って自動でトレードをしてくれる非常に便利なものです。

しかし、このように販売されている自動売買システム(EA)の多くは、そのロジックは公開されておらずブラックボックスとなっています。デザイア(DESIRE)も然り。

百戦百勝のシステムは存在しません。大きな含み損を抱えたり、損切りにあった時、ロジックがわからないシステムを信頼して稼働させ続ける事ができますか?

我慢して利用し続けることはできますか?

まずはそれを自身に問うて下さい。

ロジックが公開されているのなら、パラメータの設定を触ったり、合わない相場では稼働を止めたりと言った対策が取れなくはないのですが、マイナス面が見えた時にロジックが完全ブラックボックスである自動売買システム(EA)の稼働を続けるのは困難です。

デザイア(DESIRE)がそうだとは言い切れませんが、システムが売れれば代金が入る。指定の口座を開設させ、そこで自動売買システムを走らせてトレードすることで、ロット数、金額に応じて販売者側にキックバックが入る。等々の仕組みにより、販売者は潤い、ユーザーが泣きを見る商品が多いのも実情です。

決して、自動売買システムを否定する訳ではありませんが、お伝えした諸々の事情を踏まえて、ご検討いただければと思います。

FX自動売買デザイア イメージ

商品名:デザイア(DESIRE)

販売者:株式会社オタケン

所在地:東京都千代田区神田佐久間町

責任者:大田 賢二

公式HP:https://desire-system.com

自動売買システム 関連記事

マスターピースFX 【検証・評価】クロスリテイリング社の自動売買システム

自動売買システム(EA)の規制について 投資助言・代理業に登録が必要な場合あり