ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)【検証・評価】トレード楽チンツール

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)【検証・評価】トレード楽チンツール

この記事では、ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の検証と評価を行います。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)は、エントリーも利確も損切りも全てツールがお知らせするスキャルピング楽チンツールです。

書道家である倉本知明氏のロジックをツール作成に定評のあるグローバル・ロイズ株式会社がサインツール化した商材となります。

グローバル・ロイズ株式会社はこれまでに

  • ドラゴンストラテジーFX
  • ブラックAIストラテジーFX
  • プロフェッショナル・トリガーFX
  • 未来予知FX

を販売していて、特にドラゴンストラテジーFXとブラックAIストラテジーFXは高い評価を受けています。

目次

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX) 商品情報

ネオスキャルピングFX 商品イメージ

商品名:ネオ・スキャルピングFX(通称:ネオスキャFX)

販売者:グローバルロイズ株式会社

所在地:東京都新宿区西新宿

責任者:松山 裕典

著者:倉本 知明

発売日:2019/07/02

公式HP:https://chimei-fx.com/neo-scal/index_re_02.html (当サイトオリジナル特典付き)

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)はどのような商材か

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)は、MetaTrader4にインストールするシグナルツールです。

エントリーポイント、追従ポイント、利益確定・損切りポイントのトレードに関する全てをシグナルで表示します。

基本はこのシグナルに従うトレードとなりますが、そのロジックはブラックボックスで公開されていないのが残念です。

トレードスタイルは1分足のスキャルピング

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)は、執行時間足は1分足のスキャルピング手法で、レンジからのブレイクを狙う順張りのトレンドフォローです。

ネオ・スキャルピングFX トレードイメージ

比較的ボラティリティの多いロンドン、ニューヨーク時間に強いので、日中忙しい人にも実践しやすいです。

MetaTrader4専用のオリジナルシグナルツールが、チャート上にエントリーポイント、追撃ポイント、利確・損切りポイントを表示します。

エントリー後は、OCO注文で利確と損切りを設定しますので、放置も可能です。

ネオ・スキャルFX 基本トレード

トレード概要

トレード種類:スキャルピング

トレードスタイル:順張り(トレンドフォロー)

執行時間足:1分足

1日のトレードチャンス:10回前後/通貨ペア

推奨通貨ペア:ユーロ/米ドル(EUR/USD)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、ポンド/円(GBP/JPY)、ユーロ/ポンド(EUR/GBP)、米ドル/スイスフラン(USD/CHF)、米ドル/カナダドル(USD/CAD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、米ドル/円(USD/JPY)

裁量を取り入れて精度を上げる工夫が有り使い方が多彩

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)はシグナルに従う完全無裁量でも良い成績を残せるとのことですが、裁量を取り入れる事でより精度を上げる工夫をしています。

その裁量の補助する役割として、

ネオスキャルFX ツール

  1. トレンドステップ
  2. グリーンバンド
  3. レッドライン
  4. プライスゾーン

と言ったインジケータが標準で組み込まれています。

推奨時間帯は16時〜のボラティリティが高まってからとなっています。この16時からというのにはある理由があるのですが、詳しくは後述します。

ツールに従うと言うのが基本ルールですが、テクニカルインジケータを活用することで、精度を上げて安定したトレードを目指します。

インジケータを使うことで、トレードが柔軟になり、多彩なアプローチで相場を分析する事ができます。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の著者 倉本知明氏プロフィール

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のロジックの開発者である倉本知明氏は文化書道家学会公認の師範の書道家です。書道歴は25年。

ネオ・スキャルピング 倉本知明

個人投資家でもあり、投資の講演やプロップトレーダーとしても活動しています。

プロップトレーダーとは、謂わば「雇われトレーダー」であり、所属する組織の資金を使って投資をするトレーダーです。

投資に興味を持ったきっかけは、小学校の時に見た映画で証券ディーラーが億のお金を動かすワンシーン。その姿に一目惚れして投資家になることに憧れを抱いたという事です。

高校生の時には株のデモトレードを行ない、スマートフォンの購入をきっかけにFXトレードに参入。

失敗と挫折を繰り返す中で、投資で生き残るスキルと考え方、そして書道と相場の共通点を見いだした事で、現在のスタイルを確立したと言う事です。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX) トレード手法について

ネオ・スキャルピングFXには、基本トレード手法、より精度を高める為の応用トレード手法があります。

基本トレード手法

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の基本トレード手法は、オリジナルツールのシグナルに従うのみです。

矢印シグナルでエントリー、✖︎印のシグナルで決済と言う単純明快さで、再現性も高いです。

このシグナルで従うだけで勝てるのであれば、確かに初心者だろうと今まで勝てなかったトレーダーでも、スキルや知識等一切関係なく同じ成績を収める事ができます。

しかし、ロジックは公開されていませんので、エントリーや決済シグナルが相場をどのように分析した結果であるのかは分かりません。

ツールに頼りきってしまうと、未来永劫このロジックが通用する保証はありませんので、長い目で見たときに、トレードスキルが身に付かないと言うのは残念です。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)は、倉本知明氏のロジックとそのロジックを落とし込んだこのシグナルツールの精度の高さを1番のウリにしています。

ネオ・スキャルピングFX トレードシグナル

上記のような形でチャートに表示されますので、エントリーと決済は一目瞭然です。

スマホでお知らせメールを受け取る事もできる

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)には、シグナルの発生をスマホでメールを受け取れる機能もあります。

しかしながら、この機能を使うには、常時パソコンを付けておき、ツールを走らせておく必要があります。

また、スイングトレードとは違いスキャルピングは仕掛けるタイミングが重要ですので、メールを受け取り、エントリーするのではそのタイミングを失してしまっています。

そう言った観点から、この機能はあまり役立ちませんし、不要と言えます。

利益の上乗せを狙う追撃シグナルも搭載

この追撃シグナルは、通常のエントリーシグナルでエントリーし、ポジション保有中に出るシグナルです。

ポジション保有中に発せられる追撃シグナルは、謂わば利益の拡大を狙って出されるシグナルになります。

こちらも、追撃専用のシグナルでエントリーをし、決済シグナルで手仕舞いと言ったトレード手法です。

下記のように、通常のエントリーシグナルは⬆︎に対して、追撃シグナルは違った形の矢印にして、見分けがつくようになっています。

ネオ・スキャルピングFX 追撃シグナル

下記は、通常のエントリーシグナルの後に追撃シグナルが発せられた場合のトレードのイメージです。

ネオ・スキャルピングFX 基本トレード

上記のように、エントリーシグナルや追撃シグナルの矢印方向にエントリー。(上向なら買い、下向きなら売り)決済シグナルでイグジットです。

エントリー後はOCO注文でほったらかしも可能

エントリーシグナル、追撃シグナルでエントリーしたあとは、決済シグナルを待って決済しますが、OCO注文を入れてほったらかしにする事も可能です。

※OCO注文とは、利確と損切りの注文を同時に入れる方法です。どちらかに掛かれば、もう一方の注文はキャンセルされます。例えば、利確の注文に掛かれば、もう一方の損切り側の注文はキャンセルされるという仕組みです。

裁量判断も織り交ぜて精度と利益を追求する事も可能

冒頭でもお伝えしましたが、ネオ・スキャルFX(ネオスキャFX)には、精度を高める、より多くの利益を追求する為の様々なインジケータが搭載しれています。

そのインジケータの種類は以下の通り。

ネオスキャルFX ツール
  1. トレンドステップ
  2. グリーンバンド
  3. レッドライン
  4. プライスゾーン

①トレンドステップは、シングルポリンジャーのような機能を持ち合わせており、トレンドの方向性を表します。

②グリーンバンド、③レッドラインはマルチタイムフレーム分析の機能を持ち合わせており、グリーンバンドは1時間足、レッドラインは15分足の値動きを現しています。

④プライスゾーンは、日本時間の12時〜14時の値幅を現しています。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のロジックの根底はラインブレイク

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のロジックはブラックボックスで公開されていませんが、根底にあるのはラインブレイクです。

ネオ・スキャルピングFX チャート

上記のグレーが掛かっている個所がプライスゾーンとなり、これは先ほど言ったように、日本時間の12時から14時です。

この時間帯の相場の高値と安値でボックスを形成し、そのラインをブレイクすることでシグナルが発生します。

ネオ・スキャルピングFX トレード手法

まずは、プライスゾーンをブレイクで仕掛けます。そして、プライスゾーンと同じボックス値幅まで上昇した位置が決済ポイントとなります。上記のチャートで言うと①の薄緑のラインがそれにあたります。

そして、その①のラインは次のラインブレイクの基準となり、新たなエントリーポイントでもあります。

そのラインをブレイクすることで、再度仕掛けを行い、始めのプライスゾーンと同じ値幅である②のラインが決済ポイントとなります。

その後は、押し目と戻りを狙って追撃シグナルが表示されます。

しかし、トレンドはいつまで進むのかはわかりませんので、トレンドが転換した時にいかにして損切りにかからないかがポイントとなりそうです。

このあたりの方法は、トレードルールの「応用ルール」で解説されていますが、やはり日本時間帯のレンジが基準となっている以上、かなりの時間が経過してからのエントリーシグナルは注意が必要です。

また追撃シグナルの全てにエントリーしていては、ロット数が大きくなり、損切りした時のダメージが大きいので、一回だけ行う等の取捨選択も必要かと思います。

とは言え、検証結果として、シグナルに従うだけでと勝率は半々くらい。あとは、損切り幅を小さくしてシグナルの取捨選択を行い、精度を高めることで効果的にトレードすることが可能であると思いました。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のデメリット

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のデメリットについてです。これらが許容できない場合は購入を控えた方が良いです。

ロジックが公開されていない

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)エントリーシグナルの発生や決済シグナル、追撃シグナルのロジックは公開されていません。

恐らく日本時間帯にレンジ幅で形成されたボックスのラインブレイクでエントリーとなりますが…

ですので、このシグナルを利用してパラメーターの変更や自己流のシグナルを組みたくても不可能です。

裁量は身に付かない

裁量を加えて精度を高める方法はマニュアルの中で解説されていますが、その裁量はあくまでもネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のオリジナルツールの中だけで役立つ話です。

よって、ユーザー自身の裁量スキルが高まるかと言えば決してそうではないと思います。身につくのは、このツール有りきの前提での裁量スキルだと言うことです。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のメリット

次にネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の良いと思える点です。以下を求める人には購入価値はあると思います。

シグナルに従うだけでも50%程度の勝率

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の最大の肝となるのはシグナルツール。このシグナルに従ってだけでもそれなりの勝率はありますので、楽にトレードしたいと言う人には良いでしょう。

しかしながら、応用トレードのシグナルの取捨選択や損切りを浅くするという裁量は必ず取り入れた方が良いです。

そこまですることで、初めて生きるツールだと思っています。

ラインブレイクは王道のトレード手法

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)の中で取り入れられているラインブレイクは、トレンドフォロー手法の中でも王道のトレード手法です。

いかにして騙しを回避するのかがポイントになりますが、トレンド形成時のシグナルの精度は高いです。

その為には、しっかりと上位足のトレンド方向を確認し、環境認識を行う必要があります。

もし、プライスゾーンからのラインブレイクが上位足のトレンド方向と違う方向であれば、スルーする等の工夫が必要です。

トレンドフォローですので、上位軸のトレンドに従うことを考えてください。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)まとめ

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)のオリジナルツールは非常に視認性がよく、使い勝手の良い仕上がりとなっています。

スキャルピング手法ですので、素早い判断や対応が求められますが、エントリー後はOCO注文で放ったらかしが可能です。

ロジックの元となっているラインブレイクは、トレンドフォローの中でも王道と言える手法です。

しかし、騙しを回避するのかがポイントとなりますので、単純にシグナルに従うだけでなく、上位足のトレンド方向の確認で環境認識を行う、プライスゾーンからかけ離れ過ぎた時間のシグナルはスルーする、損切りを浅くする等の工夫が必要です。

応用トレードルールの中でそう言ったことも解説されていますので、応用を効かせた裁量を踏まえることで、より一層生かすことのできるツールであると思います。

ネオスキャルピングFX 商品イメージ

商品名:ネオ・スキャルピングFX(通称:ネオスキャFX)

販売者:グローバルロイズ株式会社

所在地:東京都新宿区西新宿

責任者:松山 裕典

著者:倉本 知明

発売日:2019/07/02

公式HP:https://chimei-fx.com/neo-scal/index_re_02.html (当サイトオリジナル特典付き)

当サイトオリジナル特典のご紹介

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX)を記事内のリンクを通じてご購入いただきますと、オリジナルインジケータ3種、無料FXオンラインセミナー特別招待券と4つの特典を全て無料にてご提供させていただきます。

メタトレーダー専用のオリジナルインジケーターは、現在は専業トレーダーでありながら、25年間ソフトエンジアとして培われた優れた情報処理能力、分析力を基に開発されたもので、1つ1つの完成度は非常に高く、優位性のあるトレードを行うことができ、欠かせない存在になることは間違いありません。

この度、これらをそれぞれのご提供者にお願いし、当サイトのオリジナル特典とさせていただくことをご了承いただきました。

他サイトでは手に入らず、希少性のあるもだと思っていますし、実際に販売されている商材本体に劣らない高性能で、実際のトレードに役立つものであることをご理解いただけると思います。

mgtc1

mats

nsr

on

 

fx特典3

特典の受け取り方法

当サイト内のリンクより、各商材の販売ページの購入画面にお進みいただきますと、オリジナル特典が付いているかご確認いただくことができます。 下記表示がされていることをご確認の上、お申込み下さい。 WS000000

特典のダウンロード

ご購入後は、INFOTOP購入者ページより商材本体をダウンロードしていただきますが、ページ下部にお進みいただくと当サイト特典をダウンロードする案内がありますので、そちらよりご購入後14日以内にダウンロードして下さい。

ネオ・スキャルピングFX(ネオスキャFX) 関連記事