FXで勝つために過去相場の検証は必須!勝ち組トレーダーへの道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

FXのトレードスキルの向上に欠かせないのが過去相場の検証です。

勝ち組トレーダーは欠かさずこの過去検証の検証を行っています。ある意味、勝ち組トレーダーになるための必須条件とも言えます。

なぜ過去相場の検証が必要なのか?

過去相場の検証は、勝ち組トレーダーへの必須条件とお伝えしました。

それでは、なぜ検証が必要なのか?というところで、2つの理由をご説明します。

トレードの基礎の習得・反復練習

よくスポーツの世界では、「練習は実戦・実戦は練習」と言われます。

つまり、練習は試合のつもりで挑まなければならない、試合は本気で向かってくる相手と対峙することで優れた練習となるということです。

事実、トーナメントで勝ち上がるごとに、チームやプレーヤーが成長して行く姿は高校野球等でも良く見られます。

練習では、実戦形式や基礎練習等々色々ありますが、必ず欠かせないことが基礎の反復練習です。

これは、つまり基礎ができていなければ、試合での状況下で応用的な動きや対応ができない為です。

基礎ができているから応用が利くのです。そのために、基礎の反復練習は必ず必要です。

FXではどうか?

実トレードは応用の連続です。リアルタイムで変化する相場に対して、自分のトレードルールを当てはめて、仕掛けを行わなければなりません。

つまり、基礎ができていなければ、実際のトレードで精度の高いトレードは不可能です。

それは、ノウハウを知っているからと言って実践できるかは別の話だからです。

  • 本当にそのタイミングでエントリーできるのか?
  • 勝ち負けをしっかり確認する(負けることを知っていれば実践で負けても動揺しない)
  • 勝ち負けの確率の把握
  • 勝ち負けの損益の把握
  • メンタルの動向

過去相場を検証し、練習することで様々な事が見えてきます。

ノウハウを手に入れたからと言っても、果たしてその認識、解釈で合っているのかわからないと思いますし、あなた自身が半信半疑のトレードでしょう。

ノウハウばかり詰め込んだ頭でっかちになるより、実際のチャートでの反復練習は、実際に頭と手を使い視覚的に得た情報というのは、必ず実トレードに活きてきます。

スポーツや学習が反復することで、体や頭に染み付くように、トレードも反復練習することでノウハウと実践が結びつくようになります。

基礎練習の反復のために、過去相場の検証を行うのが一つ。

もう一つ理由があります。

トレード手法精度の向上

それは、トレード手法のブラッシュアップです。過去相場には、トレンドやレンジ、ボラティリティの大小等々様々な状況があるはずです。

その中で、トレード手法を当てはめて検証することで、そのトレードルールの傾向が見えて来ます。

  • こう言った相場では勝つ確率が高い
  • もう少し損切りが抑えられる
  • もう少し利食いを伸ばせる
  • この相場は弱い 等々…

そう言った検証を繰り返すことで、さらにトレード手法の精度が向上します。

トレードルールやノウハウは、仮説と検証の切り返しによって磨かれていくのです。

このように何となく過去相場を検証するのではなく、目的を明確にした上で検証を行うことで得られる成果は格段に変わります。

過去相場の検証ではノートに記録を付けよう

せっかく過去相場の検証を行うのですから、ノートにその記録を付けましょう。

項目として、

  • トレード種別(ロング・ショート)
  • 通貨ペア
  • ロット数
  • エントリー時間・イグジット時間
  • エントリー価格・イグジット価格
  • 損益pips/損益金額
  • エントリー根拠(例:4時間足は上昇トレンド。1時間足のサポートラインタッチで再上昇を狙って)
  • エントリー根拠から見た結果(例:予想通り上昇、直近高値で決済)
  • トレードを通じて気付いたこと

これらの項目は必須だと思います。これらをエクセルシート等で準備して入力していくと良いでしょう。

記録ですから、あとから振り返ってなぜこの場面でエントリーしたのか?本当にエントリーすべきポイントだったのか?がわかるようにしなければなりません。

コツコツとこう言ったトレードノートを書くことで、同じエントリー根拠でもこの場面なら勝率は高く、こうなっていれば勝率が低いと言った傾向も見えて来ます。

関連記事:トレードをノートに記録する重要性とは何か?

トレードをノートに記録する重要性とは何か?
トレードの記録をノートなりパソコンなり何かしらに取るということは、FXで長期的に勝つスキルを身に付ける為に非常に有効な方法です。 この記事...

過去相場の検証方法

過去相場の検証は、過去のチャートを開いて行う他ありません。

MT4(Meta Trader4)でも結構ですし、お使いのチャートでも結構です。

そこに実際に必要なテクニカルを表示させ、検証したいノウハウやトレードルール通りにトレードする。その結果をトレードノートに記す。この繰り返しです。

地味ですが、反復練習、基礎練習とはそう言うものです。FXは一朝一夕で勝てるようになるほど甘い世界ではありません。

デモトレードで練習試合をしよう

過去相場の検証によって、トレードルールを理解した、ある程度ロジックが完成したという段階になれば、デモトレードで試してみましょう。

スポーツで例えると、練習をして練習試合で実戦経験を積んで公式戦に挑むという形になりますが、トレードでも実トレード(公式戦)の前にデモトレード(練習試合)で実戦経験を積むことは大切なことです。

過去相場の検証は、あくまで先の相場の動向がわかっている条件でしたが、デモトレードは相場の行き先はまだわからない状況です。

その中で、練習通りの成果が発揮できるか、検証通りの結果となるかといったものを見ます。

実は、過去相場の検証では先の相場がわかっている分、知らず知らずの間に勝てる相場を選んでしまっている、無意識に有利な条件でエントリーしている可能性があるのです。

ですから、本当に先がわからないデモトレードでその検証が正しかったのか?という、検証結果の検証を行いましょう。

トレード検証・練習ツールを使うと効率がよくなります

トレード検証・練習ツールは無料から有料まで様々あります。

  • FOREX TESTER(有料)
  • 裁量トレード練習君 (有料)
  • FXトレードギア(有料)
  • メタトレーダーのストラテジテスター:(無料)

無料のものは無料なりの使い勝手で、MT4で過去に遡って検証するのと大差ありません。

有料もピンキリですが、FXトレードギアはユーザビリティに優れた検証・練習ツールです。

関連記事:FXトレードギア【検証・評価】ユーザビリティに優れたトレード練習ツール

FXトレードギア【検証・評価】ユーザビリティに優れたトレード練習ツール
FXトレードギアは、一般社団法人 日本投資家育成機構が販売するFX商材です。 一般社団法人 日本投資家育成機構が販売するFX商材として、当...

トレードスキルを早く高めたいなら過去相場の検証が1番

トレードスキルは一朝一夕で身につくものではありません。

リアルタイムでの相場で練習、検証するならチャンスは1時間足なら1時間に1回、4時間足なら4時間に1回しかありません。

しかしながら過去相場はたくさんのサンプルがあります。

20分で検証ができるとしましょう。リアルタイムの4時間足なら4時間に1パターンしか検証ができないところ、過去相場では12パターンの検証ができます。

12倍です。日を重ねると検証パターン数に圧倒的な差が出てきます。

相場に優位性のあるトレードルールやロジック、ノウハウがあったとしてもそれを活かすのはあなた次第なのです。

そういった知識があるからFXは勝てる訳ではなく、基礎練習、反復の積み重ねが経験値を高め、相場観、トレードスキルを養うのです。