生きる伝説のトレーダーcis氏とは?その手法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
flash zone fx購入者サイト

過去には当サイトで、伝説のFXトレーダーgff氏(グフフ)について取り上げました。

伝説のFXトレーダーGFF氏の手法とは?

伝説のFXトレーダーGFF氏の手法とは?
あなたは、GFF氏(グフフ)というトレーダーをご存知ですか??生きる伝説の人物です。GFF氏は10万円をわずか3ヶ月で6億円にした伝説のトレ...

gff氏は10万円をたった3ヶ月で6億円にした伝説のFXトレーダーで、トレードの全てをニコニコ動画でリアルタイムで流していました。

残念ながらその資産のほぼ全てを溶かしてしまいました。今回記事にする伝説のトレーダーはcis氏(シス)で、資産200億円を超えているとも言われる株式トレーダーです。

cis氏プロフィール

ハンドルネームcis(シス)本名不明。1977年生まれの36歳、東京都在住。株式投資、日経225先物取引や日経225オプション取引も行っている。投資暦は14年。

cis氏は2000年に104万円の元手で株式投資を始めたが、その後、パチスロや会社勤めで稼いだ資金を追加投入。

2008年には50億円以上に増やし、その後も利益を重ね、2015年現在は200億円以上とも言われている。

トレードスタイルは、数秒~48時間程度の比較的短期な取引を得意とする。

▶︎cis氏公式Twitterはこちら

cis氏の手法とは?

cis氏の具体的な手法は公開されていませんが、SBIマネーワールドに掲載されている対談より、参考になる箇所を抜粋します。

こちらは、SBI証券に口座を開設し、SBIマネーワールドにユーザ登録することで閲覧が可能です。基本となる投資手法として、毎日売買しているが、負けが多くなってきたものを切り捨てて、儲けがでた売買を残していく感じということです。

また、買った株の保有期間は1泊2日が最長と想定して、売買を行っているそうです。

一番重視しているのは板の状況か?

板というか値動き。

60銘柄監視していて、その銘柄の中からいつもと比べて板がやたら厚いとか、やたら下がっているとか、やたら上がっているとか、いつもと違う銘柄を手がける。

いつもと違うということは、売り需要か買い需要か、もしくは材料が来ていることが多い。

※SBIマネーワールドより抜粋

25日線を重視している

25日線が下向きのときは積極的に買わない。買いのリバウンド狙いで買うことはあっても、買いをメインに考えない、ということと、逆に25日線が上向きであれば買いをメインに考える。

基本的に25日線と5日線しか見てなくて、25日線が下向きで5日線を下回ったら、その銘柄は買いのスイングは絶対やらない。

やるとしたら売りのスイング。 逆に25日線が平坦より上向きで5日線を上回っているときは、やるしたら買いのスイングで売りのスイングはやらない。

持ち越しであれば買いしかやらないと。 それで日足で一番重視していることは、25日線と5日線を下回って、陰線をはじめて引いた日は絶対持ち越さない。

※SBIマネーワールドより抜粋

下がっている最中は大抵買わない

5日線を二回連続して上回って、リバウンドして上回るってくるようだと5日線が「柄杓型」になってくる、こういう時に買うことが多い。

それで買って、25日線に近づいたらいったん売る。

※SBIマネーワールドより抜粋

SBI証券の個人売買のランキングは必ず見ている  

SBI証券ランキングがいつもと比べて極端な買い越し、大幅買い越しの2日目の引けはかなり買えると考えている。

ただし、引けに値動き的にリバウンドしてしてまったら買えない。だだ下げの、大幅買い越し2日目とかは結構引けで買っている。

底うったとして上値があるかどうか分からないので、あまり欲張らずに売る。

※SBIマネーワールドより抜粋

ペアトレード自体にそんなに魅力は感じない

ペアトレードは資金拘束されちゃうのと、ペアトレードコストがかかる。

外国では買い売りすると売りの方で金利がもらえる。かつ、ペアトレードのコストが低いので現物買いと信用売りをしていたら、市場金利に対してはしょぼくても一応お金が増える状態になる。

しかし、日本は売りでの金利はもらえない。しかも、信用取引貸し株料を1.15%とられる。

※SBIマネーワールドより抜粋

cis氏のトレード環境

cis氏が株取引に使っているメイン証券会社はSBI証券である。

投資情報の一部は楽天証券のマーケットスピードより取得。

10畳のトレード部屋にパソコン3台とモニター7枚。

cisの今後にも注目です。ちなみにcis氏は2005年に起こったジェイコム株誤発注事件の際に、ストップ安状態のジェイコム株に大量の買い注文を入れ6億円を儲けたとのことです。

【関連記事】 数日で40億円⁉︎伝説のトレーダーcis氏がまた稼いだ‼︎

数日で40億円⁉︎伝説のトレーダーcis氏がまた稼いだ‼︎
先日の記事でも取り上げた日本が誇る伝説の株式トレーダーcis氏がわずか数日で40億円稼いだとして、ブルームバーグに取り上げられました。【先日...

▶︎▶︎日本一売れている株式投資商材 【相場師朗】 7step株式投資メソッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする