アルミニウムが高騰すると偽り6.5億円を集めた投資詐欺事件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

アルミニウム価格が高騰として、架空の投資を募り、6.5億円を集金した投資詐欺が発生しました。

元教員100人から合計6億5千万を集めた

福岡県警によると、容疑者らは新聞に掲載される教員の退職者名をもとに約8万5千人分の名簿を作り、投資を募っていたとのことです。

これまでに佐賀、長崎、熊本など合わせて7県約100人から計約6億5千万円を集めていたとみて捜査を進めます。

 アルミニウム価格が高騰するなどと、うその投資を募り、元教員の女性らから金をだまし取ったとして、福岡県警は20日までに、福岡市内の非鉄金属販売仲介業「e―ビジョン」の実質的経営者、後藤由樹容疑者(52)=住所不定=ら5人を詐欺容疑で逮捕した。

 県警によると、容疑者らは新聞に載った教員の退職者名をもとに約8万5千人分の名簿を作り、投資を募っていた。県警はこれまでに佐賀、長崎、熊本など7県の約100人から計約6億5千万円を集めていたとみて、実態解明を進める。県警は5人の認否を明らかにしていない。

 5人の逮捕容疑は2015年6月~16年5月ごろ、福岡県内の元教員の女性(当時62)ら2人に「ロンドン市場でアルミがどんどん値上がりしており、損をすることはない」などとうその投資を持ちかけ、計2100万円をだまし取った疑い。会社は取引に必要な許可を得ていなかった。

 事件は昨年6月、福岡県内の信用金庫から「高額年金を払い戻ししようとしている人がいる」と通報があり、発覚した。

引用:日本経済新聞 【退職教員狙い投資詐欺 6.5億円集金か、容疑で5人逮捕】

取引実体がなければ取引資格すらない

福岡県警によると、同社はロンドン市場での取引資格はなく、取引の実体もなかったということです。

同社への家宅捜索では、退職教員の名簿が見つかっており、更に同社を巡っては、福岡、熊本などの11人が計約1億4000万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴もしているということです。

関連記事:

ポンジスキームとは?投資詐欺5つの手口

中国で史上最大で最悪のポンジスキーム事件発生!被害総額は約1兆円!

FX-Jinこと山口孝志氏が脱税の疑いで在宅起訴

資産運用会社MRIインターナショナルを巡る事件簿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする