相場ゼミの3期生募集がスタート!相場ゼミで学べるうねり取りとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
img_6429

第1期生で好評であった相場師朗氏の相場ゼミの第2期が開催され、こちらも好評で終えました。そして、10月5日(水)までの期間限定で相場ゼミ第3期の募集がスタートしています。

1期、2期で募集に間に合わなかったという方や、踏ん切りが付かなかったという方も、これまでの評判が良いことから続々参加されているようです。

この相場ゼミは、いわゆる株式投資の為の投資塾となるのですが、1番のポイントとなるのは、なんといっても”うねり取り”が相場師朗氏直伝で学べるところにあると思います。

【関連記事】 相場ゼミ2期第一回目セミナーの内容を特別に公開!

img_6429

商品名:相場ゼミ 3期

販売:株式会社カーロット

著者:相場師朗

形態:株式投資セミナー

相場ゼミ 3期 公式サイトはこちら

公式サイトでは受講者さんの成績も掲載されていますので、是非上記リンクよりご確認下さい。

相場ゼミ 3期の講師を務める相場師朗氏が60万円を20億円に増やしたうねり取りとは?

うねり取りとは株式相場において「買い」と「売り(空売り)」の両方を駆使することで上昇相場、下降相場の両方で利益を得る手法です。イメージとしては、両建てに近い手法です。

しかし、一般的な両建てで単純に買いと売りポジションを保有するわけではありません。その様な単純な方法では、とても資産を積み上げていく事など不可能に近いです。

相場師朗氏のうねり取りとは、それこそ緻密であり、論理的なポジション操作、ポジションサイジングと加えることで、利益を積み上げていくテクニックとなります。

株価が活発に動いていようと低迷していようと利益を得ることが可能である

多くの方が抱いている株式投資のイメージとは、安く買って高く売るということです。一般的であり、基本的な方法です。

しかし、その手法では株価が上昇局面で無いとなかなか勝てません。バブルの崩壊、リーマンショック、世界経済の低迷等々、下降局面にあるときは勝てないということになります。

株価チャート

株価の上昇局面では勝てるが…

株価チャート

下降局面では勝てなくなる

うねり取り手法は株価の周期的な上下動を利用し、株価が上昇局面にあろうが、下降局面にあろうが利益を出すことが可能になります。

アベノミクスの影響もあり、一時は大きな上昇局面を迎えましたが、現在は勢いを失い、低迷している状況にあります。しかし、うねり取りのスキルを身に付けることは、そういった状況のどちらでも利益を得ることが出来るというのが一つの特徴となります。

うねり取りでは銘柄を一つに絞って売買を行う

株式投資の銘柄は数え切れないほどありますが、その中から利益の出そうな株を選ばなくてはなりません。不確定要素が多いため、様々な情報を収集しながら投資の確率を高めていくことが重要とされています。

しかし、うねり取りは銘柄を一つに絞ってトレードを行います。これがうねり取りの2つ目の特徴です。

一つの銘柄に絞り、その銘柄で何度も売り/買いの取引をします。銘柄特有の周期的な上昇・下降を利用して利益を抜くというトレードスタイルと言うのが、うねり取り最大のポイントとなります。

銘柄を一つに絞ることで得られるメリット

うねり取りの銘柄を一つに絞り、その銘柄の上昇・下降を利用するというトレードスタイルは、一般的な株式投資とはかなり異なります。

一般的な株式投資というのは、四季報や株式情報サイト、また政治、社会の動向に注目して投資先を選択します。しかし、全ての情報が有益とは限らず、精査した上での銘柄の決定が求められます。

相場ゼミのセミナーの中で銘柄選びのポイントは詳しく説明されていますが、追い掛ける銘柄を見つける際には、それこそ情報の収集やポイントを抑える必要がありますが、銘柄を一つに絞ってしまえば、次にどの銘柄を仕込もうかなどと考える必要がなく、決めた銘柄の動向だけに注視すれば良いのです。

また、銘柄を一つに絞ってトレードを続けることで、その銘柄特有の動きや上昇/下降の傾向も掴めて来ます。

癖がわかれば、あとは癖に合わせてトレードを行うことで、勝てる確率の高い取引ができる様になるのも銘柄を一つに絞るメリットです。

相場師朗氏は日本郵船株に絞って60万円を20億円に増やした

事実、相場ゼミの講師である相場師朗は日本郵船株に絞ってうねり取りを行い、60万円を20億円に増やした実績があります。

うねり取りの威力を知るには十分な実績であり、その相場師朗氏から直々にうねり取りについて学べるのが相場ゼミとなります。

相場ゼミで学ぶ分割売買方法

相場ゼミで学ぶうねり取りとは、銘柄を一つに絞って売り/買いを繰り返すだけのものではありません。分割売買方法を駆使して巧みに利益を取りに行きます。

冒頭でうねり取りとは、イメージは両建てに近いとお伝えしましたが、あくまでイメージであって単純な両建てではありません。

絞った銘柄の株価の推移の中で、タイミングを見計らって分割して売買を行います。これが、分割売買方法であり、これによりうねり取り手法が成り立っていると言っても過言ではありません。

特定銘柄の株価の推移を見ながら売り又は買いポジションを建てていきます。どちらで入るかはその時の相場の状況によります。そして、その後も相場状況や銘柄特有の周期、タイミングによって分割しながらポジションの売り/買いを行います。

この建玉操作こそが、うねり取りの心臓部と言えるものであり、建玉操作というテクニックにより、利益を得ることができるのです。

相場ゼミの中では、この心臓部である分割売買方法と言われる建玉操作を詳しく学ぶことができます。分割売買方法は、決して単純なものではありません。しかし、そこは相場師朗氏が、論理的に解説してくれますので、理解は深まりやすいと感じます。

プロの相場師の4割がうねり取りを実践

相場ゼミで学ぶ”うねり取り”は、相場師朗氏のオリジナル手法ではありませんが、第一人者と言えますし、その実績も申し分ありません。

このうねり取りですが、プロの相場師の約4割が実践している手法とも言われています。銘柄を一つに絞って取引する方法は、トレードスキルや経験の浅い投資家向きと言えるかも知れませんが、実は独自の周期性を持つ銘柄を選ぶテクニック(通常にトレードをしているだけではまずこの周期性に気付くことは極々稀と言えます)、分割売買によって的確な建玉操作を行う必要があり、なかなか独自にマスターすることは不可能です。

相場ゼミでは、うねり取りの第一人者である相場師朗氏が、独自の周期性を持つ銘柄の見つけ方、その中から利益を得られる銘柄の見分け方、そして巧みな分割売買について学べる数少ないセミナーとなっています。

相場ゼミ 3期では全6回のセミナーでうねり取りを学ぶ

相場ゼミは、これまでご紹介した様に”うねり取り”を相場師朗氏から学ぶためのセミナー形式の投資塾となっています。具体的な日程と内容は以下のようになっています。

  • 第1回 10月16日(日)東京開催
  • 第2回 10月30日(日)東京開催
  • 第3回 11月13日(日)大阪開催
  • 第4回 11月23日(水)東京開催
  • 第5回 12月4日  (日)大阪開催
  • 第6回 12月18日(日)東京開催

セミナーの時間は13:00〜17:00となっており、計6回の講義で相場師朗氏の投資術を学び、スキルを身に付けます。

全ての回において、プロのカメラマンがセミナーを撮影し、全編ノーカットで会員サイトにアップされますので、セミナーの後の復習としても活用できますし、もしセミナーに参加できなかったとしても、動画講義として受講できます。

img_6430

img_6431

img_6432

img_6433

img_6434

img_6435

相場ゼミ3期は上記の内容で228,000円

相場ゼミのメインはやはり、全6回開催される相場師朗氏直々のセミナーとなります。

228,000円÷6=38,000円  

つまり、相場ゼミの場合、1回のセミナーの参加費が38,000円となります。

現在、相場ゼミ以外にもたくさんの投資セミナーが開催されています。投資セミナーは比較的高額で、中には1回5〜6万といったものもあります。

しかし、そのセミナーの講師を務める方にどのような実績があるのでしょうか?その多くは株に対する知識はあるが、トレード歴は長いが、トレードで大した成績を収めることはできていないという方が大半です。

蓋を開けてみれば、終始株の基本的な講義で、勝つための実践的な手法、スキルやテクニックが身につくものではありません。

相場ゼミの1回38,000円という価格ですが、相場師朗氏というトレードでの実績のある方の手法を直々に講義して貰えるということを考えると、決して高いとは思いません。

様々な分割払いも用意されています。

  • 銀行振り込み分割払い(3回)94,000円/月
  • リボ払い 5,000円〜/月
  • クレジット分割払い(最大24回)24回払いの場合 9,500円/月

満足できなければ全額返金

相場ゼミには返金保証が付けられています。その条件は以下の通りです。

今回、計6回のセミナー後に動画が会員サイトにUPされるのですが、その会員サイト内にある簡単なアンケートと宿題をフォームから提出するだけです。

時間も数分で終わるような簡単なものですので、ほぼ手間もかかりませんし、アンケートも誰でも答えれるようなものだけです。

相場ゼミ 全額返金

相場ゼミ第3期の参加募集の締め切りは、10月5日(水)24:00までとなっています。現時点では4期の募集はまったく未定となっています。

相場ゼミは、うねり取りを学ぶ、株で勝てるテクニックやスキルを学ぶには、もっとも最適なセミナーであると感じます。

img_6429

商品名:相場ゼミ 3期

販売:株式会社カーロット

著者:相場師朗

形態:株式投資セミナー

相場ゼミ 3期 公式サイトはこちら

【関連記事】 相場ゼミ2期第一回目セミナーの内容を特別に公開!

相場ゼミ2期第一回目セミナーの内容を特別に公開!
6月22日まで募集をされている相場ゼミ2期ですが、6月12日に行われた第一回目のセミナーには300名を超える方が参加されたようです。(申し込みをされた方には、各セミナーの動画を閲覧できますので、すべてのセミナーに参加できなくても、講習を受け...