FXで億稼ぐ人の思考と戦略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今回の記事では、FXで1億超を稼ぐトレーダーは何が違うのか?3000万円が180万に激減しても負けない力という興味深い記事がありましたのでご紹介します。

FX会社の取引高が上昇で過去最高を記録する会社も

ドル円相場が再び105円台に突入し、活発な動きを見せている為替相場ですが、2015年6月に付けた高値から見ると実に20円も円高に進んだことになります。

このように為替相場が活発になると、FX会社の取引高も伸びる傾向にあり、FXプライムでは前月比35%近い伸び率を記録、世界ナンバー1の取引高を誇るGMOクリック証券に至っては前月比20%増の144兆円での過去最高を記録しています。

これには相場の急激な変化により、ストップロスを巻き込み取引高が増える等、様々な要因がありますが、活発に取引が行われているのも一つの要因です。

株式投資に目を移すと、1〜2月に相場が下落したことで買い控えが響き、ネット証券大手4社の2016年1~3月期は、松井証券など3社で最終利益が前年同期比4割近く減ったようです。

四国在住の億トレーダー 近藤氏とまっちゃん

株式市場が低迷を見せる中、為替市場はトレードが活発に行われており、特に億トレーダーの動きが凄いようです。

あるFXトレーダーは、「これまで一回の取引が1本(インターバンク市場での最小取引単位で、1ドル100円の場合だと1億円)から3本程度だったものを、今年は30本に増やした」と話し、過去最高の利益をあげているそうです。

やはり始めはうまくいかなかった…

近藤氏とまっちゃんですが、今でこそ億トレーダーですが、始めから順風満帆にいっていた訳ではありません。

現在、30代になったお二人は10代の頃からのお付き合いだそうで、会社勤めをしていました。

近藤氏は会社を辞め、貯めた300万円を元手に株式投資を始めましたが、最初の2年間はまったく勝てず、資金も80万円になりました。そんな中でも近藤氏は、「自分は絶対に勝てるようになる」と信じチャートを見続けると、だんだんと癖がわかるようになり、80万円を3,000万円に増やしました。

そこで近藤氏は、規制が入る前でレバレッジの最高400倍であったFXに参入します。しかし、成功を収めた株式投資のようにはうまく行かず、資金を180万円に減らします。

その中にあっても近藤氏は同じくFXで負けていたまっちゃんの生活を助けながらチャートと睨めっこする日々を続けたそうです。

その理由として近藤氏は「根拠はなかったけど、絶対に勝てるようになると信じていた。」と話されており、自身の中で固い決意があったようです。同時に、「トレードは誰でも勝てるようになる。諦めないで続けることが大事」とも話され、決して順風満帆とは言えず苦労をしてきている近藤氏の言葉だけに、非常に重みを感じます。

違うトレード手法で億トレーダーへ

トレード手法についてですが、お二人の絆が強い分、同じトレード手法でお互い億トレーダーになったと思いきや、まったく異なるトレード手法だということです。トレード時間もエントリーのタイミングも違うお二人が揃って億トレーダーというのは非常に興味深い話しです。

近藤氏のトレード手法

近藤氏が億トレーダーへと上り詰めた基本トレードスタイルをご紹介します。

  • 手法はスキャルピング
  • ポジションのホールドは長くても1分程度
  • エントリーして1Pips(=0.1円)でも逆行したら損切り
  • 勝率は60%〜70%程度
  • エントリーする時に最も重要視することは値動きの勢いである

近藤氏は、チャートを見続けてきたことで値動きの形をいくつも記憶し、次にどういう値動きをしやすいのかを考えてトレードしているそうです。

例えば、急落後には切り返すことがあるが、その切り返しのスピードが早く、下落分の半値まですぐに戻ったとしたら、そこでもみ合いながらさらに上昇し、急落前の値位置でもう一度もみ合ってから、さらに上昇することが多いといいます。

その時々の勢いによって、その後の値動きが上に行きやすいのか、下に行きやすいのかを判断していると言われており、このあたりは言葉で説明は難しく、経験値がものを言うあたりですね。

まっちゃんのトレード手法

まっちゃんも以前はスキャルピングを中心とした手法でしたが、今ではデイトレードを中心にトレードをしているそうです。

  • 手法はデイトレード
  • トレードはトレンドラインを引くことから始まる
  • レジスタンスラインとサポートラインは、日足チャートに加えて時間足、分足にも引く
  • 直近の高値や安値のラインも重要視する
  • エントリーは、レジスタンスラインをブレイクした時の勢いで判断
  • 勢いをもって抜ければ順張り、勢いがなければ逆張りする
  • 利が乗ればプラス2Pipsのところにロスカットをいれる

ライントレードでレジサポラインでの反転、ブレイクアウトでの順張りを狙う手法は一般的ですが、まっちゃんは勢いで反転を狙うか順張りを狙うか判断するようです。

二人が違う手法でトレードする理由

切磋琢磨して億トレーダーへ上り詰めたお二人ですが、ご紹介した通りトレード手法は違います。その理由をこの通り言われています。

「相場は、常に変化し続けて、同じ手法でずっと勝ち続けられるほど甘くはない。同じ手法を使っていたら、共倒れする可能性もある。長くFXと付き合っていくために、それぞれが違う手法でトレードするほうがいい。トレード手法が別々だから、リスク分散ができている」

一般的な手法でも億トレーダーへとなれるのか?

お二人は、スキャルピングとデイトレードとよくよく知られた手法で億単位トレーダーへとなりました。

特別な手法ではありませんが、二人とも共通して重要視していることは相場の”勢い”です。このあたりは、言葉で説明することが難しいところがあり、経験によって培われた相場観によるものだと思いますが、そういった感覚を身につければ、あなたも億トレーダーへなれる可能性があるということではないでしょうか?

決して、始めから順風満帆に行かなかったお二人ですが、諦めず努力を続けたことで成功を収めました。投資を始めたが思うように行かない方が大半だと思います。順調に行かないのが当たり前です。

お二人のサクセスストーリーは大切なことを私たちに教えてくれていると思います。

source:東洋経済ONLINE 【FXで1億超を稼ぐトレーダーは何が違うのか 3000万円が180万に激減しても負けない力】

【当サイトおすすめスキャルピング商材】

One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法【検証・評価】

One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法【検証・評価】
今回は、One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法(ワンミニFX)について検証と評価を行います。 One Min...

【当サイトおすすめライントレード商材】

秋田式トレーダー育成プログラムWinner’s FX(ウィナーズFX)【検証・評価】

秋田式トレーダー育成プログラムWinner's FX(ウィナーズFX)【検証・評価】
関連記事▶︎▶︎ 秋田式トレーダー育成プログラムWinner's FX(ウィナーズFX)実践編の内容 投資助言業の登録も行っている...