移動平均線とは?移動平均線の基本的な使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

移動平均線は、数あるテクニカルの中で最もポピュラーで一番使われています。

しかしながら、本当の意味での移動平均線や、移動平均線から解ること、得られる情報を理解しないまま『なんとなく』という感覚で使われている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、移動平均線とは?ということと、基本的な移動平均線の使い方について解説していきます。

移動平均線とは?

移動平均線とは、過去一定期間のレートの終値の平均値をグラフ化したものです。

移動平均線の数値を変更することができますが、日足チャートを表示している場合に5と設定すると、過去5日分の終値が算出され、翌日には6日前の終値は外れ最新の5日分の終値が算出されます。

⬇︎⬇︎DMM.com証券 プレミアチャート

基本的なテクニカル指標はもちろん、人気のスーパーボリンジャーやスパンモデルなど、厳選された29種類のテクニカル指標をご利用できるのが魅力。

image

⬇︎⬇︎JFX証券マトリックスチャート

スーパーボリンジャー、スパンモデル使用可能。低スプレッド、スピード約定が魅力。 image

▶︎▶︎スーパーボリンジャー、スパンモデルを利用して勝つ裁量トレード手法

3種の移動平均線と基礎知識

移動平均線と言いましても、大まかに分類すると3種類あります。SMAとEMA、WMAです。

SMAは、Simple Moving Averageの略で単純移動平均線。

EMAは、Exponential Moving Averageの略で指数移動平均線。

WMAは、Weighted Moving Averageの略で加重移動平均線です。

通常使用されるのは、SMAかEMAでWMAほあまり馴染みがないかもしれませんね。

SMA 単純移動平均線

SMA(単純移動平均線)は、日足で例えると、5日平均線であれば、当日を含む直近5日間の終値の合計を日数の5で割った平均値を求め、それを一日ずつずらしてグラフ化します。

過去の値動きを平均化しますので、若干市場の値動きとのタイムラグが生じますが、トレンドの方向性の確認の判断材料の一つとして利用されています。

▶︎▶︎SMA 単純移動平均線(x日)=(y1+y2+y3+y4+y5+…+yx)÷x ※ yx=x-1日前の価格。 y1=当日価格。

EMA 指数平滑移動平均線

直近の価格を最も重要と考えて、指数曲線的に直近価格の比重を高めた移動平均線です。

1日目は単純平均を仮データとして利用し、次の日からは前日のEMAを元に計算していきます。

▶︎▶︎EMA 指数平滑移動平均(x日)

=1日目 の計算 (y1+y2+y3+y4+y5+……+yx)÷x

=2日目以降の計算 (前日の指数平滑移動平均)+α×(当日終値-前日の指数平滑移動平均) ※ yx=x-1日目前の価格。 y1=当日価格。

※ α(平滑定数)=2÷(x+1) EMA(指数平滑移動平均線)は、直近価格

の比重を高めていることから、移動平均線の中で最も相場の変化を反映するチャートと言われています。

因みに、MACDというテクニカル分析がありますが、期間の異なる2本のEMAを利用し、応用したものとなります。

WMA 加重移動平均線

直近の価格を重視している移動平均線です。

例えば5日加重移動平均線の場合、直近の終値を5倍、1日前の価格を4倍、2日前を3倍…といった感じで少し複雑です。

過去に向かうに連れて、1ずつ倍率を小さくした5日分の数値を合計し、倍率の合計

で割って平均値を求めグラフ化し、主に緩やかなトレンド相場で、優位性があります。

移動平均線の基本的な使い方

移動平均線の期間指定

移動平均線は、様々な期間を選択することができます。

もちろん、移動平均線はx日分の終値の平均をグラフ化したものですので、指定した期間によって移動平均線の波形は変わりますので、選択した期間によって見方が大きく変わります。

短い期間では移動平均線が右上がりで上昇トレンドだが、長い期間では下降トレンドということもあります。

期間の設定は、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード等のスタイルに合わせる必要があります。

トレンド方向の把握

移動平均線は、トレンドの方向性、強弱の把握にも使えます。

短期の移動平均線で見ると下降トレンドでも、長期の移動平均線で見ると上昇トレンドの場合もあります。

短期の移動平均線は、その時々の相場の変動で変わりやすいので、基本的には長い期間の移動平均線で方向性を確認し、短い期間の移動平均線でエントリーのタイミングを図りますが、設定する期間で相場の分析内容も変わってきます。

【関連記事】 移動平均線でトレンドを把握する

移動平均線でトレンドを把握
相場は大きく分けて、一時的な乱高下はあるものの、長期的に見ると『上昇トレンド』『下降トレンド』『レンジ』で分類されます。このトレンドを読むの...

移動平均線がサポートライン・レジスタンスラインに

時には移動平均線がサポートラインやレジスタンスラインとして機能します。

日足の場合、200、21、5の移動平均線は、意識されやすいポイントでもありますので、表示させておく事をおすすめします。

何故なら、多くの方がその期間の移動平均線を表示させるからです。

200は、一年の為替市場の営業日数、21は約一カ月、5は一週間となります。多くの方が表示させていると、意識するポイントが似通ってきます。

そうなると、意識するポイントで取引が活発になりますので、多くの方が利用している設定を取り入れた方が良いと思います。

反転ポイントになったり、抜けることでブレイクと言った判断材料の一つとなります。

【関連記事】 移動平均線がサポートライン、レジスタンスラインとして機能する

移動平均線がサポートライン、レジスタンスラインとして機能する
前日の高値や安値、ラウンドナンバーと言われてるキリの良い数字は、非常に多くの投資家が意識し、何らかのアクションが起きやすいポイントでもありま...

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスというのは、移動平均線の活用方法として有名なところかもしれません。

しかし、ダマシも多いので、そのような場面が見られたら即エントリーではなく、他のテクニカルも含めて統合的に判断する必要があります

移動平均線はレンジ相場では使い辛い

値動きに乏しいレンジ相場になると、移動平均線はほとんど機能しなくなります

頻繁にクロスしますし、方向感もありませんのでレンジ相場で移動平均線だけで相場の判断、分析はおすすめできません。

以上、移動平均線について大まかにご説明してきましたが、あなたもお気付きかも知れませんが、移動平均線のみで相場に対して優位なトレードを行うのはなかなか難しいです。

ゴールデンクロス、デッドクロスが機能する事もありますし、騙しに合うこともあり、相場は生き物ですので、これがこうだからこうなるという決まった答えはありません。

FXで安定して勝つには、エントリーを冒険で行うものでは無く、出来る限りのリスクを排除した上で行うのことが重要だと思います。

移動平均線にしても、他のテクニカルと合わせて統合的に判断するトレーダーが多いように、相場と言うのは、様々な角度から分析し、その積み上げにより見えて来るものだと思います。