新感覚!?日本酒の美味しい飲み方 みぞれ酒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

日本酒の美味しい飲み方として、今、注目されている「みぞれ酒」ってご存知ですか?

暑くなるこれからの季節、是非オススメしたいです。

みぞれ酒』は、日本酒を凍らせた新感覚のおいしい飲み方です。

居酒屋でも提供しているお店もあります。

みぞれ酒』は、もともとは、寒冷地などで自然に出来上がった奇跡のお酒として重宝され、非常に珍しいお酒で貴重な物として扱われていました。

みぞれ酒の作り方

家庭でも出来るみぞれ酒の作り方についてご説明します。

一般の家庭にある冷蔵庫の冷凍室。

ここで作る場合は過冷却水を作る場合の温度(マイナス5℃程度)よりも少し低めの温度に設定します。

みぞれ酒

清酒(日本酒)は、一般的な物なら通常マイナス7℃からマイナス10℃で凍ります。

しかし、ゆっくりと振動を与えずに冷やすことでマイナス10℃からマイナス15℃程度まで凝固せず液体状態を保つことができるのです。

非常に時間がかかる作業ですが、この結果、液体のままの清酒(日本酒)が過冷却状態で保存されます。

純米酒が1番最適なようです。グラスも一緒に凍らせておくと良いです。

みぞれ酒は、雪景色のような感じで、美しい見た目も同時に楽しめます。

また、薄いレモンスライスを乗せたり、シークワーサー液を2~3滴垂らすと、爽やかさが一層口の中に広がります。

FX、バイナリーオプション関連ではありませんが、ご興味のある方は、是非お試し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする