松井証券に賠償命令が下される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

松井証券に個人トレーダーに対して賠償命令が下された

決して他人事ではないような、トレーダーにとって注目すべきとも言える裁判の判決が下されましたので、シェアします。

FX取引で証券会社に賠償命令 

18秒の約定遅延「債務不履行」

2013/10/16 18:54

インターネットを通じた外国為替証拠金(FX)取引で、約定が遅れたことで損害を被ったとして、茨城県の男性が松井証券に約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、約200万円の支払いを命じた。

問題となったのは、損失が無制限に拡大するのを防ぐため、あらかじめ設定した為替レートになった場合に強制決済される「ロスカット」と呼ばれる仕組み。

原告側は設定レートに達してから実際のロスカット約定までに約18秒経過し、その間の相場変動で損失が生じたと主張していた。

戸田久裁判長は「ロスカットまでに一定のタイムラグが生じることは契約上想定されているが、10秒を超えれば合理的範囲内とはいえないと指摘。

タイムラグを抑えるシステムを整備する義務に違反したとして、証券会社側に債務不履行があったと結論付けた。

出典:日本経済新聞WEB版

今後、同様の裁判が発生した時の一つの指針となるでしょうし、私達トレーダーにも関係することですので、内容を確認して行きましょう。

トレードにおけるタイムラグの想定

トレード タイムラグ

まず、約定にタイムラグが発生するのは、契約上想定内であること。

これは、誰しもが認識していることではありますが、範囲として10秒という時間が想定内なのか、想定外なのかの一つの目安になるようです。

この原告の男性の当時のトレード状況はわかりませんが、18秒は確かに限度を超えていると感じますが、多くの方は10秒の遅延でも長過ぎると感じられたことでしょう。

ですが、裁判所がこのような判決を出したことで、今後もこの10秒というところが尊重されそうです。

男性は、1400万円の損害賠償を求めていることから、恐らくこの遅延の18秒で1400万円を溶かしたのでしょう。

賠償命令が200万というのは、遅延の想定範囲内である10秒を差し引いたものなのか、遅延の間に有利な方向に動く可能性もあることを含んだものなのかは、わかりませんが、実際に損失を出した男性にはこの18秒は恐ろしく長い時間だったでしょう。

証券会社の約定能力がトレード成績に大きく関連する例ですね。

ロスカットはあくまで緊急措置である

更に、大切なポイントは【ロスカット】であるという点。ロスカットは、相場の変動により、資金の危険水域を超えると自動的に発動される強制決済です。

このロスカットは、証券会社ごとのルールがあり、統一ではありません。また、強制決済されても、資金がマイナスになる可能性も多いにあります。

そもそも、ロスカットを発動させざる負えないトレードは、無謀とも言えます。もしかすると、指標の発表時のトレードで、損切りを設定する間も無く、そこに達したのかもわかりません。

ロスカットは、資金を守るための仕組みではありますが、決してそれは緊急措置であり、万全ではないということを私達トレーダーは、認識しなくてはなりません。