メルマガ配信の注意点〜特定電子メール法(迷惑メール防止法)について〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ほとんどの方が、FXやバイナリーオプションの情報商材と言われるものを購入するとき、当サイトのようなサイトやブログ経由であったり、サイト、ブログの管理人が発行するメルマガ経由であると思います。

メルマガは、読者からするといち早く情報を仕入れたり、相場に対する情報が手に入ったりと便利な部分もありますが、やたらと商材の購入を推してくるメルマガにうんざりと言った方も中にはおられるでしょう。

メルマガを受信するには特に問題ほありませんが、配信するには法律が関連することをご存知ですか?特定電子メール法(迷惑メール防止法)という法律の対象になります。

総務省のホームページに行くと、詳細が書かれています。

特定電子メール法(迷惑メール防止法)とは?

代表的な事柄を列挙すると、氏名、住所の開示が必要となります。(法人の場合は、登記簿に記載されている法人名や団体名でかまわないのですが、個人で配信する場合は、本名のみ有効です。ペンネーム、ハンドルネームは不可となっています)

またメールを送信する場合は、受信を拒否する場合の通知先や、メール配信の解除など一定の事項を表示しなければなりません。

また受信者がメール配信の同意したことを証明する記録を保存しなければなりません。(保存期間は、記録の保存に係る広告宣伝メールを最後に送信した日から1ヶ月となっています。)

上記条件を満たさないメルマガが多数である

実際に法律違反により法人、個人問わず逮捕者も出ています。当サイトではメルマガは発行していませんが、アンテナを張る意味でも他サイトのメルマガに登録しています。

しかし、残念ながらその中でも上記の事柄を満たしていないメルマガも多く見受けられます。しかし、購読者さんはそのあたりも考慮することで発行者が信頼出来るかどうかの判断材料にもなると思います。

メルマガを発行する方は、メルマガで商材を宣伝する方法を多く気軽に始める方もおられるかもわかりませんが、あまり詳しくないまま始めると、思わぬしっぺ返しを食らうかもしれませんので、ご注意ください。

逮捕者の中には、執行猶予が付く場合もあるようですが、もちろん拘留はされます。当然、お勤めの方は会社を辞めざるしかないでしょう。脅しでは無く、法律を十分に理解した上で始められることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする