ふるさと納税の特典競争が過熱

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

あなたはふるさと納税を利用したことがありますか?年々豪華になる「ふるさと納税」の特典が注目されています。

制度も拡充もされる見通しとなり、また特典競争によってふるさと納税の認知度も拡充していることから益々の利用が予想されています。

しかし、利用者は特典の内容でふるさと納税先を決定している傾向が強い為、各自治体間で特典競争が過熱しているところもあるようです。

ふるさと納税は地方自治体への寄付

最近話題のふるさと納税の特典は、DMMマネーです。

DMMは、石川県加賀市から誕生しました。その石川県加賀市へのふるさと納税をDMMを通して寄付すると、50%分の電子マネー(DMMマネー)が同市より贈呈されるというものです。

他にも、「株式会社マウスコンピューター」は、長野県飯山市の「ふるさと納税」の特典としまして、同市内にある自社工場で製作したデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、液晶ディスプレイを提供すると発表され、話題となっています。

ふるさと納税の仕組みは、寄付をする人の収入や家族構成によって還付・控除額が変わりますので一概には言えませんが、地方自治体へ2000円を超える寄付を行った場合、住民税の約1割が所得税から還付、住民税から控除されるというものです。

例えば、年収400万円、配偶者有り、子供高校生1人、中学生1人のご家庭の場合、21,000円までの寄付なら、実質2,000円負担で済みます。(上限21,000円の寄付で19,000円の控除)

上手く活用すれば、実質2,000円の負担で地方の特産品が特典としてもらえるわけです。

ふるさと納税は、どこの地方自治体でも寄付することができますので、寄付する側は、ふるさとを応援するためではなく、特産品目当てでふるさと納税をする方もおられますし、地方自治体としてはたくさんの寄付を集めたい為に、特典で差別化を計るのです。

ふるさと納税といいますが、実質は自治体への寄付行為と言えるかもしれませんね。

ふるさと納税の寄付金総額の推移

ふるさと納税の認知度も拡がり、また特典もだんだんと豪華になって来たことで寄付金はどのように推移しているのでしょうか?

平成21年度:72億5995万8000円

平成22年度:65億5318万3000円

平成23年度:67億859万円

平成24年度:649億1490万1000円

平成25年度:130億1127万8000円

※総務省ホームページより抜粋

と推移しています。

平成24年度は、メディア等で取り上げられたことで、注目が集まったことで取分け寄付金が突出しているようです。

いずれにせよ、増加傾向にあることで、政府はふるさと納税の拡充を目指しています。

・特例控除額の拡充(上限:個人住民税所得割額の1割⇒2割)

・返礼品送付について、寄附金控除の趣旨を踏まえた良識ある対応の要請

・申告手続の簡素化(確定申告不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、ワンストップで控除を受けられる仕組みを導入)

と言った内容となっています。

ふるさと納税は自治体にとっては希望の収入源である

人口の減少に悩む地方自治体はふるさと納税は希望の収入源でもあります。特典で注目を集めることができれば、通常の税収とは別に億単位の収入が見込めるからです。

そのため、各自治体では注目が集まる特典を求め、特典競争の過熱に繋がっています。

一方でふるさと納税の控除のしわ寄せを受ける自治体も

地方は地元の特産を特典として、寄付金の増加を願う一方で、ふるさと納税をする方が住む自治体は、住民税を控除して返却する必要があるため、その自治体の税収が減ることになります。

住んでいる自治体の公共サービスを維持するのは税金ですから、ふるさと納税の拡充が進むと寄付をして貰える自治体と還付しなくてはならない自治体アンバランスが発生する可能性指摘されています。

平成25年度のふるさと納税の控除全額が45億2632万3000円に対して、東京都は12億2812万3000と約4分の1を占めています。

これらのことから東京都等の都市部が地方自治体を支えているとも言えますね。

しかし、各自治体ではなく、日本という国単位で見ると、ふるさと納税の活発化がプラスに働くと言われています。

冒頭の例で言いますと、寄付金が21,000円なら、控除が19,000円ですので、残り2,000円は収入となるためです。

平成25年度は、130億1127万8000円の収入に対して、45億2632万3000円の控除ですから、引いた約84億円が収入となるのです。

様々なふるさと納税に関するサイトもありますので、それらを参考にご興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする