グレートジャイアンバイナリー【検証・評価】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

youchuui

今回検証を行いますグレートジャイアンバイナリーは、株式会社バベル(牧田健三氏)が販売するバイナリーオプション用商材です。

その中の一つである、グレートジャイアンバイナリーですが、果たして使える代物なのか、そうでないのか??検証と評価をしていきます。

グレートジャイアンバイナリー 商品情報

グレートジャイアンバイナリー商品イメージ

商材名: グレートジャイアンバイナリー

販売者: 株式会社バベル

返金保証: 有り

販売価格: 98,000円

販売ページ: 販売中止

グレートジャイアンバイナリー 概要

販売前にデモ版が無料公開され、圧倒的な勝率の高さで当時話題となり、多くの方が販売開始を待ち望んだことでしょう。

グレートジャイアンバイナリーは、バイナリーオプション専用のシグナルツールです。

そして、正規版が2013年10月、販売開始されました。価格は98,000円。

投資系教材は、比較的高額ですが、その中にあってもこの価格は高いです。ですが、デモ版を見ていた方は、すぐ回収可能と判断し、飛び付いた方もおられるでしょう。

デモ版と正規版の成績剥離

満を持して、販売開始したように思われたグレートジャイアンバイナリー。ですが、そこに待っていたのは、デモ版と正規版の成績の剥離でした。

間も無くして正規版では、負け数が勝ち数を圧倒的に上回っているという正規版ユーザーからの報告が多数上がりました。

Cedar Financeの利用には大問題が!?

グレートジャイアンバイナリーは、Cedar Finance(シダーファイナンス)というブローカーを利用します。

グレートジャイアンバイナリーのシステムは、Cedar Finance(シダーファイナンス)と連動しており、表示されたサインをクリックすることで、取引を行えるという仕組みなのですが・・・

22.外部実行システム

ブラウザ上のクライアントまたはクライアント側が人手による実行を必要としない未認可の自動または半自動取引システムを統合化することは、バックドアAPIまたはシステムの乱用とみなされ、口座の凍結やポジションの取消の処分を受けるおそれがあります。

 このような方法でポジションを取得すると、価格が承認されず、一般市場に記入されないので、市場外取引として、キャンセルの対象になります。

Cedar Finance利用規約より抜粋

このような規約があります。

正に、グレートジャイアンバイナリーはこの規約に抵触するのではないでしょうか??

ですが、Cedar Financeとグレートジャイアンバイナリー側とで、なんらかの契約が交わされている可能性もありますが、そもそも、バイナリーオプションは、完全なる相対取引です。

つまり、ブローカーが儲かればユーザーは損をする、ブローカーが損をすれば、ユーザーは儲かる仕組みです。

このことを踏まえると、普通に考えれば、勝率の高いシステムの使用をブローカーが許可するとは思えず、Cedar Financeとグレートジャイアンバイナリー側とで契約を交わされていることは考えにくいです。

もう一つ考えられるのは、シダーファイナンスと、グレートジャイアンバイナリーがグルではないか、という事。

グレートジャイアンバイナリーの正規版ではさっぱりの成績を見ると、デモ版ではシダーファイナンスが価格を操作し、結託して正規版の購入を煽ったということです。

真相はわかりませんので、予測の域を超えませんが…

グレートジャイアンバイナリー評価

確かに、一時的であったり、短期的な成績で良し悪しを判断するのは早計です。

特に投資系は尚更ではあります。ですが、デモ版と正規版の成績の剥離にはどう考えても腑に落ちません。

さらに、ブローカーの利用規約に抵触する可能性のあるシステムを走らせるのもリスクが高いです。

これらの点を踏まえると、グレートジャイアンバイナリーは、98,000円という高額に見合わないシステムだと判断します。

失うのは、98,000円だけではありません。運用すれば、その資金も失う可能性が高いのです。

そのリスクを背負ってまで運用するかどうかはあなたの判断です。

※現在は販売ページは閉鎖されています。

youchuui