FXで勝つには利益確定を急がず、含み益を伸ばすべき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

利益と損失のバランスが重要

FXで勝つ為には、『早い損切り』と『利益確定を急がない』ということが重要となります。

『早い損切り』については、【FXで勝つためには損切りを恐れない!】で詳しくご説明していますが、含み損が出ているポジションを保有し続けることは、『損失の拡大』と『トレード機会の損失』というリスクがあります。

FXで勝つためには損切りを恐れない!
損切りの遅れは資金を大きく溶かす可能性があるFX初心者や勝てない人が注意しなければならないのが、含み損が発生しているにも関わらず、損切りを恐...

損切りしなかったことで、値を戻し最終的には損失額の縮小や損失の回避、もしくは利益になることはありますが、損失が拡大するリスクの方が高く、損切りのルールを設定し、決めたルールのポイントに達してしまったら潔く損切りすることは非常に重要なことです。

しかし、例え早い損切りが行えていても、同時に利益確定も早くなってしまっては意味がありません。

利益確定と損失のバランスが大切で、含み益が増えてくるとどうしても利益を確定したくなるお気持ちはわかりますが、損大利小のトレードとなってしまいます。

含み益のポジションは我慢して利益を伸ばす

FXで負ける人には5つの共通点がある!勝っている人に比べて何が違うのか?】でご説明しています通り、FXで勝つ人は『大きく稼いで小さく負ける』というトレードを繰り返します。

FXで負ける人には5つの共通点がある!勝っている人に比べて何が違うのか?
FXで勝てない人に共通する5つのことFXに限らず投資では必ず勝てている人と負けている人が存在します。割合としては、負けている人の方が圧倒的に...

一方で勝てない人は、『小さく稼いで大きく負ける』トレードを繰り返すという特徴があります。含み益が出ると、その利益を逃したくないとの思いから利益確定を急いでしまい、なかなか大きく勝てません。

しかし、含み損を抱えると損失を出したくない思いから、なかなか損切りができずに損失額が大きくなってしまいます。

また利益確定をしてしまうと、次は反対方向に動くのではないかと思ってしまいます。そこが天井と思い、次は反対の売買を仕掛けることで、買いと売りとの両方で利益を得ようとするのです。

下記チャートをご覧下さい。

利益を伸ばして損失を浅く

大きくユーロ円が上昇しています。

上昇を予測して赤丸でエントリーしたとします。そして予測通り上昇して行きます。

しかし、緑の円のところで下がって行きます。勝てない多くのトレーダーは、利益が減るのを我慢できずにここで利益確定してしまいます。

そして、そこから相場は揉み合います。グレーのラインをなかなか越えれないこともあり、次は反対方向に動くのではないかと予測してしまうことから黄色の円のところで売りエントリーを仕掛けます。

すると、予測は外れ相場は上昇して行きます。

またもや急激な上昇を見せていることから、もうこれ以上の上昇はないだろうと思い、損切り出来ずにいると、その後も相場は上昇を続け、含み損が拡大していきます。

チャートのように結果が分かっていると『そんなトレードはしない』と思われるかもしれませんが、リアルタイムで見ていると勝てない多くのトレーダーはこのようなトレードをしてしまいます。

心理として一度ポジションを離してしまうと同じ方向にエントリーし辛いです。結果的に上記のようなトレードを行うと、初めのエントリーで得た利益は失い、損失の方が大きくなってしまいます。

これが、FXで勝てない多くのトレーダーが利益確定を急いでしまうことによるデメリットと言えます。

どのタイミングで利益確定すればよいのか?

fx利益確定のポイントは?

かと言って、いつまでも含み益のあるポジションを持ち続けることは、利益が確定しないのでどこかのタイミングで利益確定しなければなりません。

一方方向に相場は動くわけではありませんからね。

早すぎる利益確定は必ず訪れる損切りを合わせるとなかなかプラス収支にならず問題ですが、含み益だからといっていつまでも決済しないのは、それはそれで含み益を減らすことにつながります。

ではどこが利益確定のポイントなのか?ということですが、それは簡単に説明できるものではありません。

相場には様々な局面がありますし、人それぞれで資金力も違えば、トレード時間、スタイルも違いますので、個々に対応する必要があります。

皆に合う最適な利益確定の方法はありませんので、経験や相場を学びスキルの向上が欠かせません。

▶︎▶︎相場の本質を学び、勝てるトレーダーを目指すならこちらのマニュアルが最適

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする