FX指南書【検証・評価】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ヘッジファンド イメージ

kachiari

※現在は、販売を停止中であり、販売ページも閉鎖されています。

今回、検証と評価を行う商材は、FX攻略.com(FX専門誌)に連載を持つwildcherryさんというトレーダーの【FX指南書】です。

wildcherryさんは、ご自身でもFXブログも2009年より運営されている方でもあります

> wildcherryさんのブログはこちら

ブログをご覧いただくと、おわかりになるかと思いますが、wildcherryさんのトレードの核となる部分は、マルチタイムフレームを採用し、サポートライン、レジスタンスライン、トレンドラインを活用して、エントリーポイントと決済ポイントを導く手法です。

そして、このFX指南書も、それらの組み合わせによるトレードの手法が解説されている裁量トレード商材となっています。

大きな時間足でトレンド方向を確認して、それを小さな時間足に落とし込む手法というのは、FXにおいて有効な手法でありますし、当サイトでA評価(最高評価)をしており、信頼の置ける商材でもあります、ビクトリーメソッドアドバンス、マエストロFXに通ずるところがありますが果たして内容はどうなのか検証していきます。

FX指南書 商品情報

fx指南書

商材名: FX指南書

販売者: レジェンド、河越茂雄

返金保証: 無し

販売価格: 39,800円

販売ページ: 販売中止

FX指南書のマニュアル内容

  • はじめに
  • 第一章:記事に書き続けてきた事
  • 第二章:価格があるという意味
  • 第三章:相場背景を知る意味とは
  • 第四章:順張りと逆張りの重要性
  • 第五章:トレンド発生のとらえかた
  • 第六章:波でとらえる
  • 第七章:重要なラインとは
  • 第八章:重要なラインの引き方
  • 第九章:高値安値・目線の切り替え
  • 第十章:複数通貨の使い方第
  • 十一章:チャート設定とどの時間軸も同じという意味
  • 第十二章:トレンドラインを引くタイミング
  • 第十三章:練習方法として
  • 第十四章:エントリーポイントは…
  • 第十五章:利益確定ポイントは…
  • 第十六章:チャートパターン
  • 第十七章:待つことの重要性
  • 第十八章:記憶させる
  • 第十九章:本レポートの使い方
  • 第二十章:おわりに

以上でPDF200ページのマニュアルとなっています。

結論を先に言うと、ビクトリーメソッドアドバンス、マエストロFXの方が断然おすすめ

このFX指南書が気になる方は、wildcherryさんのブログをしっかりとご覧いただくのも一つの手です。

wildcherryさんが、間違いなくトレーダーであることは確認できますし、解説もされながらブログを書かれていますので、参考になることは多いです。

また、FX指南書の著者である、wildcherryさんは、2009年よりFXブログを運営されているのですが、ブログを見ているとこの方のトレードの軸となるのが、サポートラインとレジスタンスラインであるということが分かります。

このサポートラインとレジスタンスラインを大きな時間足に取り込み、それを小さな時間足に落とし込んでトレンド方向にエントリーする順張り手法です。

そして、今だに一貫してこの主張をされているところには、かなりの好感を持ちますし、不変の軸となる手法を持っている方は、やはり相場においても強いと感じます。

しかし、裁量トレードを学ぶという点で、総合的に考えると、私はビクトリーメソッドアドバンスマエストロFXをおすすめします。

ビクトリーメソッドアドバンス【検証・評価】
後に販売されるFX商材のお手本となる裁量トレードの本質を学べる教材ビクトリーメソッドアドバンスは、2006年に発売され、既に7年が経過し...
Maestro FX(マエストロFX)【検証・評価】
Maestro FX(マエストロFX)は、FXの裁量トレードを学ぶ為の商材で、当ブログでもA評価をしております、ビクトリーメソッドアドバ...

どちらも、FX指南書と変わらない、大きな時間足から小さな時間足に落とし込み、エントリーを仕掛けて行くトレンドフォローの裁量商材にも関わらずです。ビクトリーメソッドアドバンスとマエストロFXの著書は実は同じ人物で、佐野裕さんという敏腕トレーダーの商材です。

どちらか?と言われれば、ビクトリーメソッドアドバンスをおすすめします。

なぜ、ビクトリーメソッドアドバンスがおすすめなのか?

FX指南書と比較して、なぜ同じ裁量系の商材でもビクトリーメソッドアドバンスがおすすめなのかご説明しますと、それはマニュアル内容にあります。

FX指南書は、マニュアルの曖昧さが拭えない為、トレーダーの力量や受け取り方で成績が前後する可能性があります。ですが、ビクトリーメソッドアドバンスは、マニュアルは丁寧に書かれており、曖昧さがありません。

また、ルールも明確ですので、半システム的にトレードできる為、手法をマスターするには断然ビクトリーメソッドアドバンスに分があります。

また、FX指南書は、ボリンジャーバンド、移動平均線、トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインでのトレードに対し、ビクトリーメソッドアドバンスは、ADX、MACD、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス等々のインジゲーターを使用して相場と向き合います。

一見、ビクトリーメソッドアドバンスは難しいように思えますが、先程も述べましたように、丁寧に解説されており、ルールも明確ですので、長きに渡ってFXで利益を得る、色々な相場の波を読み取るという点で考えると、ビクトリーメソッドアドバンスの手法の方に軍配が上がります。

FX指南書以上の充実のサポートもビクトリーメソッドの特徴

FXを続けるにあたり、様々な壁や疑問点が出てきます。そこで重要になってくるのが、サポート体制です。

この数多く存在するFX商材において、ビクトリーメソッドアドバンスという商材は、裁量トレード系商材では、No.1に位置すると思うのですが、サポート体制も間違いなくトップに位置します。

問い合わせのメールに対する迅速の対応、これは著者である佐野氏自身が解答されます。また、購入者限定の相場解説サイト。まさにセミナーです。

トップトレーダーによる、このようなセミナーや、アドバイスを貰うことは、高額なものが多いですが、佐野氏は、ビクトリーメソッドアドバンスの購入者には無料で提供されているのですから、その価値は計り知れません。

内容からすれば、月会費を請求されてもおかしくない生きたセミナーとなっています。

FX指南書とビクトリーメソッドアドバンスの価値を比較すると

最後に費用対効果で両者を比較すると、FX指南書は値段相応の価値、ビクトリーメソッドアドバンスは、間違いなく値段以上の大きな価値を得られます。

この両者の価格は、共に39,800円。

同じお金を出すなら、ビクトリーメソッドアドバンスの方が、あなたにとって有益となることは間違いありません。

kachiari

※現在、FX指南書の販売は停止中で、販売ページも閉鎖されています。 

関連記事:

>>ビクトリーメソッドアドバンス検証と評価

>>マエストロFX検証と評価