秒速スキャルFX(FX-KATSU)【検証・評価】再現性は低く成績は裁量スキルに左右される

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

今回の記事では、「秒速スキャルFX」の検証と評価をおこないます。秒速スキャルは、販売会社でもある日本投資家育成機構のスタッフ兼トレーダー、鈴木克住(FX-Katsu)氏の商材となります。

初めて「日本投資家育成機構」と聞くと、何だか国家レベルの機構であったり、優良な機関に感じる方もおられるでしょうし、そういったところが販売する商材だから、信用性の高いものであると思うかもしれませんが、「日本投資家育成機構」は、FX-JIN氏が代表を務める一般社団法人です。

NPO法人とは違って、一般社団法人には事業目的について原則として制限がないため、収益事業を行うことができます。また、登記のみで設立が可能なため、認証が必要なNPO法人と比較しても短期間で設立することができるのが、一般社団法人であり、「特別」ということは特にありません。

FX-Jin氏と言えば、クロスリテイリング株式会社の元代表で、現在も幹部として属していますので、秒速スキャルは実質的にはクロスリテイリング株式会社の新商材と言えると思います。

秒速スキャル

商品名    :秒速スキャルFX

販売者    :日本投資家育成機構

著者        :鈴木克住(FX-Katsu)

販売開始:2016/07/28

秒速スキャル 公式サイトはこちら

秒速スキャルFXは1分足を利用したスキャルピング商材である

秒速スキャルという名前からスキャルピング商材であることは想像できます。

ロジックは、順張りのトレンドフォローを基本とし、4時間足で相場状況や方向性を確認し、それを1分足に落とし込み、エントリーのタイミングを計るというマルチタイムフレーム分析が採用されています。

4時間足で確認したトレンド方向へのエントリーとなり、1分足ではトレンド方向への逆行からトレンド方向への転換点(押し目、戻り)を狙います。トレンドが形成されたタイミングではなく初速を狙うことで、予想通りトレンド方向に折り返せば大きな利益を期待することができます。

秒速スキャルFXはシンプルな手法で機械的なトレードが可能なのか…

秒速スキャルFXの公式サイトを確認する限り、

  1. 空いた時間にチャートを確認してエントリーチャンスを見つけてトレードを行う
  2. エントリー時には、指値・逆指値を入れてる
  3. 決済されるのを待つ

とシンプルで機械的なトレードが可能なイメージを持ちます。そのようなトレードが可能ではありますが、まず空いた時間に都合よくエントリーチャンスがあるとは限りません。

エントリーチャンスは、1日70回程度とたくさんあるように感じますが、推奨通過ペアは7種。(ドル円・ユーロ円・ユーロドル・ポンド円・ポンドドル・豪ドル円・豪ドル米ドル)

単純計算で1通貨ペアで1日10回程度となります。空き時間にスマホで確認して、7つある通貨ペアから一つを選び出してエントリーチャンスを見つけることはなかなか難しい作業だと思います。ましてや、スピードと正確性を求められるスキャルピングですからなおさらです。

FX初心者は短い時間足より長い時間足でトレードすべき』という記事にも書いていますが、スキャルピングはノイズや騙しが多く、ちょっとした出遅れも致命傷 となります。

また、エントリーに関して、都度都度判断が必要となりますし、反射神経、正確性が求められます。

スキャルピングは、短時間で結果が出ることや、エントリーチャンスも多いと言う”勘違い”からも、初心者が最も好む傾向にありますが、初心者に最も向かない種類の手法であると思っています。

FX初心者は短い時間足より長い時間足でトレードすべき
スキャルピングは高等技術FX初心者の多くは短い時間足でトレードをしようとします。5分足や3分足、1分足を利用したスキャルピングです。初心者は...

再現性には疑問が残る

実際にスキャルピングで勝っているトレーダーもいますし、決してスキャルピングを否定する訳ではありません。

しかし、上記の理由からも、スキャルピングというのは、非常に再現性が難しい手法です。

秒速スキャルを見ると、鈴木克住(FX-Katsu)氏のロジックではエントリーチャンスは、1日に70回。ルール通りにトレードするだけで勝率8~9割を狙えると謳われています。それでいながら、損切りも小さくというのは、非常に魅力的で合理的な手法であると言えますが、本当にそのようなことが可能なのでしょうか?

関連記事:

● FXの勝率を9割にするのは簡単?勝率よりも利益重視!

FXの勝率を9割にするのは簡単?勝率よりも利益重視!
FXをしていると、多くの方が『勝率』というものを気にします。実際検索のキーワードとしても、『FX 勝率 9割』『FX 勝率 90』『FX 勝...

先ほども言いましたように、エントリーチャンスは、1日70回程度とたくさんあるように感じますが、推奨通過ペア7種で70回です。

単純計算で1通貨ペアで1日10回程度となります。空き時間にスマホで確認して、7つある通貨ペアから一つを選び出してエントリーチャンスを見つけることが本当に可能なのでしょうか?

少しの遅れが致命傷となり得る可能性が高く、スピードと正確性を求められるスキャルピングで、です。

また、公式サイトには秒速スキャルFXの実績ということで、鈴木克住氏(FX-Katsu)の10回分のトレード実績や推奨通過ペア7種の種類ごとの実績(2016年2~7月)が提示されています。

しかし、この実績を見せられたところで、秒速スキャルFXの信ぴょう性を証明する根拠、証拠となるでしょうか?

秒速スキャル

秒速スキャルFXのトレード実績1

公式サイトには、上記のような画像が6種掲載されていますが、本当に上記のエントリーが秒速スキャルのトレードルール通りなのか不明ですし、画像のトレードで利益を獲得した証拠もありません。

秒速スキャル

秒速スキャルFXのトレード実績2

上記の画像は、推奨通過ペア7種の2016年2月〜7月のペアごとの実績として掲載されています。

日本投資家育成機構並びにクロスリテイリング株式会社得意のお手製の実績表です。これでは、手法の優位性を確認することができませんし、優れた商材であると判断することは到底できません。

秒速スキャル

秒速スキャルFXトレード実績3

FXDDのストラテジーデータと実績らしい実績が出てきました。

しかし、1日70回程度のエントリーチャンス、そして上記のような成績を収めていると謳いながらたった10回分の成績です。公式サイトでは、誇大とも思える程の宣伝文句、成績を謳っている以上、私たちが頷ける程の成績データを提示するべきではないでしょうか?

そう言った納得出来るデータが提示できないということは、それなりの理由があるはずで、その手法、システムを使ったところで、その再現性や優位性が無いと判断すべきであり、お手製の実績や文言を鵜呑みにするのは、非常に危険だと思います。

秒速スキャルFX コンテンツ内容

1.1分足スキャルロジック完全マスター講座

第一章.1分足スキャルロジックを使いこなすための事前準備

第二章.1分足スキャルロジック徹底解説講義

第三章.勝つためのチャートパターンと根拠の見つけ方

第四章.勝率を格段に上げる3つのテクニック

第五章.FX-Katsu流 ファンダメンタルズロジック

第六章.勝ち組トレーダーへの3つの近道

2.1分足スキャルロジック リアルトレード全20本

3.FX-Katsu本人のフォローアップ動画

4.生放送で徹底サポート!オンラインセミナー

5.回数無制限のコメントサポート

6.3ヶ月のメールサポート(回数無制限)

7.メンバー専用メールセミナー

本編に加え、特典として

● FX-Katsu FX基礎講座セミナー映像

● 東京セミナーPDF資料

● FX-Katsuのスペシャル5大特典動画

● 初心者でも安心!テクニカル分析トレーニング編

● 1分スキャルロジックを効率的に学ぶ!トレードモデルケース

● FX-Jin×FX-Katsu スペシャル対談動画

● 秒速スキャルFXフォローセミナー無料参加権

● FX-Katsu有料セミナー参加優待券

● FX-Katsu流 資金管理早見表

● FX-Katsu オリジナル目標設定シート

● メタトレーダー解説マニュアル

● 秒速スキャルロジック専用 インジケーターテンプレート

秒速スキャル特典

秒速スキャル 特典内容

と言った内容となっています。

公式サイトでは、無裁量でルールに従った機械的なトレードが良いというイメージを抱きますが、実際は裁量を加えることになります。

その裁量はトレーダーのスキル、経験値で大きく成績が異なり、そういった意味でも再現性は低いです。

秒速スキャルFX 検証と評価

秒速スキャルの検証結果として、公式サイトの成績表は自作のもので、この手法が優位性のあるものという根拠にはなりません。

それも踏まえて、秒速スキャルFXを信頼して購入するか、しないかは私達が判断することなのですが、私なら信頼に値しない、つまり購入価値は無いと判断します。

また、実際のトレードにおいても、結局は裁量に委ねられる部分が多々あり、勝てれば手法のおかげ、負ければ裁量判断が悪いと言われかねません。

裁量トレードは、必ず身に付けるべきスキルだと思います。しかし、秒速スキャルの公式サイトでは、『直感的にやれるシンプルな手法』『いつでもトレードできる、チャンスにあふれた手法』『ポジションの保有時間も短くストレスがない手法』『短時間のトレードでも、しっかり利益がとれる手法』『ゲーム感覚で楽しく、気軽に取り組める手法』という文言から、裁量スキルは不要でルール通りの機械的なトレードが可能であるイメージを抱かせながら、実際には裁量が成績を左右するというギャップは、評価できませんし、その裁量部分についても、コンテンツ内で詳細な説明がありません。

秒速スキャルFXに購入価値は無いと判断します。

もし、スキャルピング商材をお探しなら、私はFXスキャルパーフェクトシグナルをオススメします。

秒速スキャルFXの販売元である日本投資家育成機構の関連会社であるクロスリテイリング株式会社が販売する商材ですが、ロジックも公開されており、王道で汎用性の高い手法となっています。

FXスキャルパーフェクトシグナル【検証・評価】

FXスキャルパーフェクトシグナル【検証・評価】
FXスキャルパーフェクトシグナルは、今なお人気の恋スキャFXビクトリーDXやTAMURA式・FX1分足トレード法(ワンミニFX)等々、多...

秒速スキャル

商品名    :秒速スキャルFX

販売者    :日本投資家育成機構

著者        :鈴木克住(FX-Katsu)

販売開始:2016/07/28

秒速スキャル 公式サイトはこちら