FX-Jinこと山口孝志氏が脱税の疑いで在宅起訴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

FX-Jinこと山口孝志氏が脱税の疑いで在宅起訴されました。

山口孝志氏は、クロスリテイリングの会長を務めており、当サイトでもいくつかクロスリテイリング社が販売を手掛けるFX商材を取り上げています。

【クロスリテイリング販売の商材レビュー記事】

トレンド・ストライクFX【検証・評価】

トレンド・ストライクFX【検証・評価】
今回ご紹介する商材は、クロスリテイリング株式会社が販売するトレンド・ストライクFXです。 クロス・リテイリング株式会社のFX商材は、当...

恋スキャFXビクトリーDX完全版【検証・評価】

恋スキャFXビクトリーDX完全版【検証・評価】
恋スキャFXビクトリーDX完全版は、著名なトレーダーであるFX-Jin氏の商材です。 FX-Jin氏の商材と言えば、購入後にセールスし...

Easy Trade FX(イージートレードFX)【検証・評価】

Easy Trade FX(イージートレードFX)【検証・評価】
今回検証を行います、イージートレードFX(Easy Trade FX)は、FXや株、先物取引で投資歴15年の石井和夫氏という専業トレーダ...

One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法【検証・評価】

One Minute’s FX TAMURA式1分足トレード法【検証・評価】
今回は、One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法(ワンミニFX)について検証と評価を行います。 One Min...

FXライントレードマスタースクール【検証・評価】

FXライントレードマスタースクール【検証・評価】
INFOTOPの総合ランキングで、上位にランクインしていますFX-Jin氏の FXライントレードマスタースクール。 気になっているとの...

FX-Jinこと山口孝志氏起訴内容

山口孝志と同姓同名の方はおられると思いますが、『クロスリテイリング』という名前が出ていること、そしてニュース映像にもはっきりと顔も出ていることから、今回の事件の被告は、間違いなくFX-Jin氏です。

FX-Jinこと山口孝志氏のニュース記事とニュース映像をご覧ください。

山口孝志(FX-Jin)起訴ニュース記事

FX投資などの教材販売会社社長、5000万円脱税の疑い

FX投資の成功法などをまとめた教材の販売会社の会長が法人税約5000万円を脱税したとして東京地検特捜部に在宅起訴されました。

東京・新宿区の投資教材販売会社「クロスリテイリング」の会長・山口孝志被告(43)は、おととしまでに2億円近い所得を隠し、法人税約4900万円を脱税した罪に問われています。

また、山口被告と投資教材を共同開発するなどしていた甲斐輝彦被告(38)も、架空の請求書のデータを作成するなどして山口被告の脱税を手助けしたとして在宅起訴されました。

特捜部によりますと、山口被告は脱税した金を貯蓄などに充て、甲斐被告も山口被告から報酬を受け取っていたということです。

引用:yahoo!ニュース

山口孝志(FX-Jin)起訴ニュース映像

こちらからニュース映像をご覧いただけます。

クロスリテイリングはこの件に関して沈黙

この事件を知って、株式会社クロスリテイリングの公式ホームページを見ましたが、代表の在宅起訴という重大事項にも関わらず、特に何も触れられていません。

そして、FX-Jin氏の公式ホームページにもこの件について何も触れられていません。(2015.3.28時点)

少なくとも、クロスリテイリング社のFX商材をこれまでたくさんの方が購入しているのですから、なんらかの説明は必要と思います。

大規模?悪質?東京地検特捜部が動くほどの事件

東京地検特捜部と言えば、政財界の汚職や脱税をも捜査するほどの組織です。

小沢一郎氏の陸山会の事件や古くでは田中角栄元首相が逮捕されたロッキード事件、未公開株を受け取った政治家や官僚らが執起訴されたリクルート事件、ホリエモンこと堀江貴文氏のライブドア粉飾決算事件などを手がけてきた実績を持つ専門組織です。

今回のFX-Jin氏の起訴に関して東京地検特捜部が動いているようです。

独自の捜査権限を有している検察庁の中でも、大規模事件など、集中的に捜査を行う必要がある案件に取り組む機関として存在している。

検事(副検事)のほかに検察事務官により構成されている。

政治家汚職、大型脱税、経済事件を独自に捜査する。

一般的な刑事事件は警察による捜査および被疑者の逮捕が行われるが、この類の事件では最初から特捜部が捜査・摘発する場合が多い。

出典:wikipedia

もしかすると序章に過ぎないのか?

今回は、山口孝志氏(FX-Jin)と甲斐輝彦氏が在宅起訴されましたが、東京地検特捜部が動く捜査ですので、もしかするともっと大掛かりな事件に発展するかもしれません。

大物たる人物の捜査、他にも脱税しているFX商材販売会社を芋づる式に…等々があるかもしれません。

続報がありましたら当サイトでもご紹介致します。

いずれにせよ、『購入者の為に』との思いで、秘匿性の高い商材を販売している方もおられる一方、詐欺的な商材を高値で販売する業者も未だにありますし、このように脱税等、法律を犯す販売者もいます。

この一件がFX商材含む情報商材業界の健全化に繋がればと思います。

在宅起訴とは??

FX-Jinこと山口孝志氏が脱税の疑いで在宅起訴されましたが、在宅起訴とは?ということについて簡単にご説明致します。

被疑者に逃亡や証拠隠滅のおそれがないため、被疑者を拘置所や警察の留置施設に勾留することなく、検察官が公訴を提起すること。

出典:コトバンク

つまり、山口孝志氏、甲斐輝彦氏共に捜査には強力的であると伺えます。

しかしながら、多くの方がクロスリテイリング社が手掛ける商材を購入しているのですから、事件についてももちろんそうですし、購入者のサポート面、今後の経営方針についての説明が必要だと思います。