フィナボッチ・リトレースメントとは?その優位性は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

チャートには山があり、谷があり市場の思惑を反映して動いています。

そして、安値を付けたり高値を更新したりと、不規則に動いています。その過去相場の山と谷、安値と高値を利用して今後の相場を予測する為に用いられるのがフィナボッチ・リトレースメントとなります。

フィナボッチ・リトレースメントの由来

フィナボッチ・リトレースメントは、フィナボッチと言う名は、イタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチが見つけた数列の法則、フィボナッチ数列から由来しています。

フィナボッチ数列というのは、

「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……」と続く数列は、

● 連続する2つの数字の和がその次の数になる。

● どの数字も、一つ上位の数字で割ると約0・618となる。

● どの数字も0・382をかけると2つ下位の数字になる。

● どの数字も、3つ上位の数字で割ると約0・236となる。
という規則性があり、一見相場の世界に関係ないように思えます。

フィボナッチ数列は不思議な数列で植物の花びらの数や貝殻のらせん模様、雪の結晶、葉の縦横の縞の比率等々、自然界に広く存在する数列といわれています。

例えば、ひまわり。真ん中にある種のならび方はらせん状に21 個,34 個,55 個,89 個・・・となっている。正にフィボナッチ数です。

『1:1・618』は、黄金比率とも言われており、ピラミッドの側面にある三角形の高さと底辺の半分の長さの比はフィナボッチ数列の黄金比です。

パルテノン神殿を正面から見ると,たて,横の比はほぼ黄金比となります。ミロのヴィーナスは、均整のとれたプロポーションをした彫像ですが、身体の様々な部分に黄金比が応用されています。

例えば、ヴィーナスの頭のてっぺんからおへそまでの長さと,おへそからつま先までの長さの比は黄金比といった具合です。

植物や結晶等々自然界に表れたり、意識して造られてたのかわかりませんが、歴史的な建造物にも表れるフィナボッチ数列。

この不思議な数列は、世界中の投資家の錯綜する思惑による為替の値動きもまた、自然の摂理や普遍的な審美眼に沿って作られている。そういった考えに基づいて編み出されてたのが、フィナボッチ・リトレースメントです。

フィボナッチ・リトレースメントでは、フィボナッチ数列から導き出される「23・6%」「38・2%」「61・8%」「76・4%」といった数値を重要視します。

表示されると、デフォルトでこれらの比率が設定されています。

不思議な数列のフィナボッチですが、その威力は為替レートも発揮し、不思議とサポートライン、レジスタンスラインとして機能します。

逆に言えば、機能していると言うことは、それだけ多くのトレーダーが意識することになり、トレードにおいて意識されるポイントを導くことは重要なことですので、それだけ優位性があると言えます。

フィボナッチ・リトレースメントがサポレジラインに

フィボナッチ・リトレースメント トレード例

フィボナッチ・リトレースメント トレード例2

チャート出典:外為オンライン 実践チャート術【第6回 フィボナッチ・ピボット】より

上記は、実践チャート術!あるFX会社の無料講座が素晴らしい件でもご紹介している、外為オンラインの実践チャート術の解説画像です。

実践チャート術!あるFX会社の無料講座が素晴らしい件
今回は、情報教材の評価ではなく、いつもとちょっと違った情報の評価をします。特にFX初心者の方には、非常に有意義なものであると感じますし、そこ...

解説の中では、このように言われています。

むろん、フィボナッチ・リトレースメントを使うと為替レートの上下動を完璧にとらえられるわけではなく、あくまで心理的な節目、値動きの目安に過ぎません。

為替レートの値動きを記録したものがチャートですが、チャート自体がなにかの数学的な法則や物理学の理論で動いているわけではありません。

では、チャート分析はまったく意味がないのか? というとそうではありません。

世界中の投資家のほとんどすべてがチャートを見ています。彼らはチャートの動きに何か意味を見つけようとします。「上昇が続いているが、少し上がり過ぎだ」、「じわじわ下がっているが、そろそろ下げ止まりそうだ」…など、投資家はチャートを見た感想をもとに、投資行動を選択します。

チャートを見ている投資家の心理が、逆にチャートそのものの動きに影響を与えることになるのです。だからこそ、自然の動きや芸術作品の中に見い出せるフィボナッチ数列や黄金比が役立つといえるのでしょう。

引用:外為オンライン実践チャート術

確かに、フィボナッチ・リトレースメントに限らず、テクニカル分析は分析する為のツールにしか過ぎず、実際の相場がそれに合わせて動く訳ではありません。

しかし、相場は勝手に動く訳ではなく、トレーダーの思惑によって変動するものです。そのトレーダーが、テクニカル分析によって、意識するポイントを見出し、それに基づいてトレードを行うのですから、テクニカル分析によってその意識それるポイントや節目を見つけてトレードすることが有効になるのです。

フィボナッチ・リトレースメントについて言えば、多くのトレーダーが節目のポイントやレジサポラインとして意識し、トレードのシナリオを描きます。

フィボナッチ・リトレースメントトレード戦略

出典:外為オンライン実践チャート術

多くのトレーダーが意識するポイントということは、相場においてそのポイントで何らかの変化が起こる可能性が高いと言えます。

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード例

フィボナッチ・リトレースメントを使用したトレード

上記チャートは、上昇トレンドです。

上昇トレンドと言えど、どこまで続くかわからないので、安易に乗っかるのは危険ですので、押し目を狙いにいきます。

その押し目を狙うにしても、どこまで下げてどこで再び上昇するのかわかりませんので、フィボナッチ・リトレースメントを使用して反転しそうな場所を探ります。

安値を0%、高値を100%で設定、50%を中心としてその前後の38.2%と61.8%のラインを表示させました。

上昇トレンドが続くという仮定のもと、押し目を狙うというシナリオを描いていますので、この3本のラインのいずれかが意識されていて、反転すればチャンスです。

一回目の反転は、フィボナッチの38.2%を一気に抜けて50%を試しに行きましたが、陰線から陽線に変わりました。この反転を確認して、押し目を狙ってエントリー。

利確は、高値(フィボナッチの0%)の少し前に設定します。

二回目の反転は、38.2%のライン付近で陰線から陽線に反転しました。もう一度押し目を狙ってエントリー。少し前揉み合いましたが、再び上昇し、高値付近で利確します。

その後は、高値を抜けて行きましたが、この高値のブレイクアウトで再度エントリーというシナリオも描けますし、再び下降するなら、再度押し目を狙うこともできます。

これは、多くのトレーダーがフィボナッチ・リトレースメントのラインを意識していたと言えます。相場に対しての優位性が見られる場面ですね。

全てに対してフィボナッチ・リトレースメントが意識される訳ではない

とは言え、常に如何なる時でもフィボナッチ・リトレースメントのラインが反転ポイントやブレイクアウトとして意識される訳ではありません。

あくまでも、相場を予測する一つのツールに過ぎず、全幅の信頼を寄せるのも危険です。

他のテクニカルツールと合わせて、統合的に判断が必要となりますので、過信をしないようには注意して下さい。

ですが、実際にフィボナッチ・リトレースメントのラインで反転や、ブレイクアウトで一気にレートが加速することもあり、意識されていることは間違いありません。

当サイトでもご紹介していますFlash Zone FXという商材は、フィボナッチ・リトレースメントを応用的に活用する手法のマニュアルです。

もしフィボナッチ・リトレースメントに優位性を感じていただけたなら、有意義な手法であることは間違いありません。

【Flash Zone FX関連記事一覧】

▶︎▶︎ Flash Zone FX【検証・評価】

▶︎▶︎ Flash Zone FXを買って良かったと思える5つのポイント

▶︎▶︎ ドラゴンストラテジーFX とFlash Zone FX を比較

▶︎▶︎ FLASH ZONE FX(フラッシュゾーンFX)質問まとめ

▶︎▶︎ FLASH ZONE FX(フラッシュゾーンFX)の特典内容と動画のご紹介