ドラゴンストラテジーFXの実践画像と動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ドラゴンストラテジーFXの最新の実践チャートをご紹介します。

トレードが出来る時間は人それぞれですので、皆が同じトレードが出来る訳ではありませんが、トレード自体はドラゴンストラテジーFXの基本的なルールに従った実践ですので、時間さえ合えば同様のトレードが出来るということで、参考としてご覧ください。

ドラゴンストラテジーFX実践(2015年8月5日)

この日は3通貨でトレンドに乗った大きなpipsの獲得となりました。

トレードルールはドラゴンストラテジーFXの基本となる大矢印と同じ方向の小矢印でエントリー。

決済は、ドラゴンバンド内に平均足が戻ってきたタイミングで行います。

ドラゴンストラテジーfx実践

ドル円(+35.7pips)

ドラゴンストラテジーfx実践2

ユーロ円(54.9pips)

ドラゴンストラテジーfx実践3

ユーロドル(88pips)

▶︎▶︎ドル円で一撃60pipsオーバーのトレード動画

上記画像、動画共にドラゴンストラテジーFXの基本的なトレードルールに則ったエントリーと決済で裁量は一切入っていません。

シグナルに従ったのみのトレードですので、非常に再現性は高いです。

無駄なエントリーを避けることで効率的に利益を重ねる

ドラゴンストラテジーFXの損切りポイントは直近の安値又は高値です。

利益確定は、基本ルールとしてはドラゴンバンドからはみ出た平均足がバンド内に入ってきたポイントで決済となっています。

このように、相場に応じた利確と損切りが設定されており、利確○○pips、損切り△△pipsと明確に決められている訳ではありません。

ですが、損切りポイントはそれほど深くありませんし、ロジックはトレンドフォローですので、トレンドに乗った際の利益は上記のように大きく乗せることもあります。

しかし、勝てないトレードは無駄に利益を減らすので、資金を増やすのに効率的とは言えません。

ドラゴンストラテジーFXはレンジ相場に弱いという弱点がありますので、それを避けることで効率よく資産の増加が狙えます。

そのレンジ相場の回避方法ですが、私が取り入れているフィルターを【ドラゴンストラテジーFXはレンジ相場回避が鍵】でご紹介していますので、合わせてご確認下さい。

ドラゴンストラテジーFXはレンジ相場回避が鍵
ドラゴン・ストラテジーFX(ドラストFX)の最大の弱点はレンジにある ロングヒットのドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)ですが、最大の...

ドラゴンストラテジーFXは、少しの裁量を加えることでリスクを回避し、上記のようなトレンドに乗ったトレードが出来る数少ない優れたシグナル表示ツールです。