バイナリーオプション関連のトラブルが急増中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

バイナリーオプションの国内規制について

リスクが掛け金のみと限定される短時間で結果が出る基本的に上がるか下がるかの二者一択このような理由からバイナリーオプション人気は急増しています。

国内ではFXのレバレッジ規制が掛けられましたが、バイナリーオプションに関しては、投資というよりも、ギャンブル性が強いこともあり、早くから様々な規制が掛けられました。

まずはバイナリーオプションに関する国内規制を振り返りましょう。

HIGH&LOWの短時間取引の禁止

国内バイナリーオプションで最も人気が高い、「数分後に今よりレートが上がっているか下がっているかを予想する」HIGH・LOWオプションが今回の規制により全面的に禁止と決定し、消滅となる方向です。

最低取引時間ラインを設定

60オプションのように60秒で取引するオプションや、5分10分で結果が出る取引などの廃止。取引開始時間から、取引終了時刻までの時間を当面2時間以上と定める。

業者『総取り』の禁止

満期時間のレートがレンジ外と呼ばれる、業者側の総取りを廃止。

「売り」と「買い」の価格提示

取引をキャンセルする際にポジションを解消するための価格を提示しておく必要があるため、「売り」と「買い」の価格を両方(2WAY)で提示しておく事。

以上のような規制が国内のバイナリーオプション業者に課せられました

増加するバイナリーオプションのトラブル

国内業者のFXのレバレッジ規制が掛かった時にも、レバレッジ規制の緩い海外業者に流れたように、キャッシュバック制度や、短時間の取引が出来る等々規制の緩い海外のバイナリーオプション業者で取引をする方が増加するという現象が起きています。

また魅力的なインターネット広告によって、海外のバイナリーオプション業者に興味を持つ方も多いようです。

それに伴って、国民生活センターに寄せられるバイナリーオプション関連の相談も急増中ということで、『海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意下さい。』と警鐘を鳴らしています。

海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意下さい。ー無登録業者との契約は行わないでー

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」といった相談が、最近になって全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

バイナリーオプション取引とは、為替相場等が上がるか下がるかを予想するもので、取引期間終了時(権利行使期限)に事前に定めた権利行使価格を上回った(または下回った)場合に、一定額の金銭(ペイアウト)を受け取ることができる取引です。

予想がはずれれば、支払ったオプション料がすべて損失になりますが、短期間に繰り返し取引することができるため、損失額が大きくなるおそれがあります。

トラブルになっている事例における相手方業者の所在地は海外にあります。

日本の法律(金融商品取引法)では、日本の顧客との間で、バイナリーオプション取引などの店頭デリバティブ取引を業として行う場合は、海外業者も含め、金融商品取引業の登録が必要となりますが、これらの事例ではいずれも業者の登録は確認できていません。

(注1)バイナリーオプション取引はリスクの高い取引であることを理解し、無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

引用:独立行政法人国民生活センター

バイナリーオプションに関する相談内容

【事例1】  無料掲示板で「100万円ぐらいなら稼ぎ方教えます」という書き込みを見て、その書き込みをした女性に連絡をした。

すると、その女性から連絡があり「いくら稼ぎたいか」と聞かれたので「70万円」と答えると、「私は今まで8,000万円ほど稼いでいるので簡単に稼げますよ」と言われた。

その後、海外業者のサイトのアドレスが記載されたメールが送られてきたので、すぐに記載されたアドレスにアクセスして、氏名や生年月日、クレジットカード番号を入力し、サイト内のバイナリーオプション取引口座を開設した。

最初に1万円を入金して取引を開始した。しかし、すぐに残金がなくなったため決済を繰り返したが、もうけることはできなかった。

その後もお金を取り戻そうと取引を繰り返したが、残金がわずかになり不安になった。

これまでの投資総額約50万円を返してほしい。

(2014年6月受付 20歳代 男性)

【事例2】 ネットに「簡単に誰でももうかる」と書かれていたので、興味を持ち海外のバイナリーオプションのサイトに連絡した。

サイトから電話が入り、担当者から「投資金額に応じて、サイトが同じ金額をプレゼントする」と言われた。10万円入れたら20万円分取引ができるので、元金がなくなる前に止めれば損はしないと思い、クレジット一括払いでバイナリーオプション取引に10万円投資した。

ところが、途中で止めようと思い電話すると、「600万円分の取引をしないと解約できない」と言われた。とてもそんな取引はできないので「解約する」と言うと、解約担当に電話するよう言われた。

解約担当に電話をすると、「解約には、免許証、公共料金の領収書、クレジットカードの両面を写真に撮って送るように」と言われ、言われるままに送ってしまった。

その後は解約担当に電話してもつながらず、だまされたと思った。

どうしても10万円取り返したい。クレジット会社に電話すると、「請求を止めることはできない」と言われた。どうしたらよいか。

(2014年8月受付 40歳代 女性)

【事例3】 SNSで「もうかる」との記載を見て、海外業者とFX(外国為替証拠金取引)のような取引をした。

代金はクレジットカードで支払った。

円相場が高くなるか低くなるかを予想するバイナリーオプション取引で、業者のホームページ上に円の相場状況が示される。

しかし、リアルタイムの情報ではないようで不審だった。業者のホームページに作った自分の口座からお金を引き出したいと依頼したが、払ってくれない。

業者の電話番号、住所は不明だ。その後、業者は無登録業者(注3)で、財務局から警告書(注4)が出ていることが判明した。解約したい。

(2014年8月受付 30歳代 男性)

引用:独立行政法人国民生活センター

このように、実際の相談内容も掲載されています。2ch等々でも、バイナリーオプションで儲かるようなスレッドも立てられていますし、同じような内容の旨いネット上の書き込みを見て、『おっ!』と思われた方もおられるでしょう。

そして、上記の相談をされている方達もこのような書き込みを見て、参加された方達もなのです。

大きなキャッシュバックの裏には…

『初回入金額の100%をキャッシュバック』といったバイナリーオプション業者もあります。

単純に入金額が倍になるので、確かに魅力的です。しかし、これには、裏があってキャッシュバック額を含めた50倍の金額を取引しないと出金できない等の条件が課せられます。

例えば、初回に50万円入金すると、キャッシュバックとして100%の50万円が付きます。あなたの口座は計100万円となりますが、これを出金しようとなると、100万円の50倍となる5,000万円分の取引をしないと出金できないのです。

これでは、元々の50万円はあなたのお金のはずなのに、あなたのお金で無いようなものです。

口座開設を促すサイトにご注意を!

このような、条件を明確に記載せずに、『旨い話』だけを前面に押し出して、口座の解説を促すサイトも存在します。

また「バイナリーオプションで儲かった!」的な記事を書き込みもよく見ます。

まずそのようなサイトは、信頼してはいけません。

そのようなサイトの運営者は、口座を開設させると業者から多額の報酬が受け取れる為、自分自身が報酬を受け取ることを目的にとにかく口座開設を勧めているだけに過ぎないのです。

それを信じた情報弱者がまんまと騙されてしまい、上記のようなトラブルに巻き込まれてしまうのです。

言って見れば、そのようなサイトの管理者は、トラブルの原因を撒き散らして、自分の私腹を肥やしているのです。

この記事を読んでいただいた方の、一人でも多くの方がそういったトラブルに巻き込まれないことを望みます。

バイナリーオプション関連記事

バイナリーオプションは勝てない!必勝法もない!!
【バイナリーオプション関連記事】オプション99(option99)必連勝方法はあるのか?バイナリーオプション2chステマについてバイナリーオ...
オプション99(option99)必連勝方法はあるのか?
関連記事:バイナリーオプション2chステマについてバイナリーオプション関連のトラブルが急増中!バイナリーオプション(BO)は投資?丁半博打?...
バイナリーオプション2chステマについて
バイナリーオプションの口座開設を煽るステマ記事 『海外のバイナリーオプション業者なら簡単に勝てる!!』 『入金額の100%キャッ...
バイナリーオプション関連のトラブルが急増中!
バイナリーオプションの国内規制について リスクが掛け金のみと限定される短時間で結果が出る基本的に上がるか下がるかの二者一択このような理由か...
バイナリーオプション(BO)は投資?丁半博打??
【バイナリーオプション関連記事】バイナリーオプションは勝てない!必勝法もない!!オプション99(option99)必連勝方法はあるのか?バイ...