あゆみ式FX A Teachert FX Academyに再現性はあるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今回は、あゆみ式FX A Teachert FX Academyの再現性について記事にします。

【関連記事】

あゆみ式 A Teachert FX Academy 【検証・評価】

あゆみ式FX A Teachert FX Academyの購入価値は?【検証・評価】
あゆみ式 A Teachert FX Academy(あゆみ式FX) は販売開始から期間限定での販売であったにも関わらず、参加者1,10...

あゆみ式 A Teachert FX Academy のロジックは?

あゆみ式 A Teachert FX Academy のロジックは?
あゆみ式 A Teachert FX Academy (あゆみ式FX)は、公式サイトによると、3年2ヶ月に渡り、平均月利11.7%を記録、著...

あゆみ式FX A Teachert FX Academyはエントリーと損切りの再現性は高いが利確は…

結論から述べると、あゆみ式FX A Teachert FX Academyはエントリーと損切りは再現性は高いですが、利確については少し曖昧な為、トレーダーによって成績が変わって来ます。

その理由について一つずつご説明します。

エントリーの再現性

あゆみ式FX A Teachert FX Academyのエントリーの再現性は高いです。

あゆみ式FX エントリー

上記はあゆみ式FX A Teachert FX Academyのオリジナルインジケーターを表示させたチャートです。エントリーは、このインジケーターの位置関係等々を参考に行います。

あゆみ式FXのロジックは、トレンドフォローであり、1時間足でトレンドの方向を確認して5分足に落とし込み、エントリーポイントを探るというマルチタイムフレーム分析となっています。

1時間足でトレンドの有無、方向を確認する

まずは1時間足でトレンドの有無、方向を確認します。

上昇トレンドと判断する場合

  1. 青のラインが赤のラインよりも上にある
  2. 青のラインと赤のラインの上にローソク足がある

下降トレンドと判断する場合

  1. 赤のラインが青のラインより上にある
  2. 青のラインと赤のラインの下にローソク足がある

レンジ相場と判断する場合

上昇トレンド、下降トレンドと判断する条件を満たしていない場合は、レンジ相場と判断してエントリーは行いません。

5分足でエントリー

1時間足で、トレンドの有無と方向を確認したら、5分足でエントリーをします。上昇トレンドなら買い(ロング)、下降トレンドなら売り(ショート)でのエントリーとなります。

下記の1〜3のエントリー条件を全て満たしてのエントリーです。

買いでエントリー(1時間足が上昇トレンド)

  1. 青のラインが赤のラインより上にある
  2. 青のラインと赤のラインの上にローソク足がある
  3. トレンドベルトが水色(上昇相場)になっている

売りでエントリー(1時間足が下降トレンド)

  1. 赤のラインが青のラインより上ににある
  2. 青のラインと赤のラインの下にローソク足がある
  3. トレンドベルトが赤色(下降相場)になっている

エントリーの見送り

上記条件を満たしていなければエントリーは見送りとなります。

以上がエントリールールとなります。インジケーターで視覚的に判断が容易なため、エントリーの再現性は高いです。

※トレンドバンドとは、チャート下部に表示されている青と赤のバンドのこと

損切りの再現性

あゆみ式FX A Teachert FX Academyはコツコツドカーンで利益を減らさない為にも、リスク管理を徹底しています。

ですから、損切りに関しても明確なルールが設定されています。

  1. 青のラインと赤のラインをローソク足が抜けた場合
  2. 直近の高値又は安値を更新した場合
  3. 最大でも20pips

となっています。

基本は、1または2の位置に損切りを設定しますが、損切り幅が深くなる場合は20pipsで損切りします。

損切りもチャートから視覚的に判断できますので、迷うことはありません。再現性は高いと判断します。

利確の再現性

あゆみ式FX A Teachert FX Academyの利確の再現性は…と濁しましたが、私はそれほど明確でないと思っています。

  1. 直近の高値又は安値
  2. サブラインで判断
  3. トレードノートの応用

というルールが設定されてはいるのですが、1の直近高値・安値は突き破ると更に値が伸びる可能性が高いという意識されやすいポイントでもあります。

2は、トレンドが終わるとサブラインにタッチし易いというところからのものです。1番現実的であり、視覚的に判断が可能な決済方法です。

3は、トレードノートの応用ということですが、これは各トレーダーによってそれまでのトレード内容が違うため、トレードノートの内容も当然違って来ます。個々の経験やスキルに依存するところが大きいです。

しかし、あゆみ式FX A Teachert FX Academyはトレーダーとしての力量の向上も図る為の講義もありますので、経験を積み、相場観やスキルを磨くことでトレンドに乗った大きな利益を得られる可能性が1番大きな方法でもあります。

損切りは浅めに、トレンドに乗って利益は大きくという損小利大トレードを目指す手法なので、どうしても言葉では言い表しきれない感覚というものがあります。

それは致し方ない部分でもありますが、”再現性”という観点から見れば、エントリーや損切りのルールほど無いと思います。

しかし、1と2のルールに従うということであれば、再現性は高いと言えます。

トレード推奨時間は東京市場からニューヨーク市場

あゆみ式FX A Teachert FX Academyのトレード推奨時間は、東京市場からニューヨーク市場ですので、日本時間9:00〜翌朝5:00までとなっています。

これだけ幅があれば多くの方が実践可能ですので、トレード時間が合わないということはありません。

電話サポート、メールサポートを活用して再現性をアップ

あゆみ式FX A Teachert FX Academyには、電話サポートとメールサポートが付いています。

特に電話サポートは、著者である奥山あゆみさんへの直通電話もありますので、あゆみ式FXが本当に意図することがわかります。

わからないことや、不安に思うことはどんどん質問して迷いを無くすことでより再現性が高まるはずです。

image

商材名:あゆみ式 A Teachert FX Academy

販売者:合同会社LLCS

著者:奥山あゆみ

販売日:2016/06/15

あゆみ式 A Teachert FX Academy 公式サイトはこちら